アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「Art Education」のブログ記事

みんなの「Art Education」ブログ


「ひつじcafe」引っ越しのお知らせ!!

2012/11/05 18:10
皆様


サーバーの不都合で、数日間、記事のアップができなくなりました。

ご視聴の皆様には、たいへんご迷惑をおかけしました。謹んで、お詫び申し上げます。

つきましては、「ひつじcafe」は、下記のアドレスに、引っ越しをいたしました。


http://hitsujicafe.blog.fc2.com/


今後とも、何卒、よろしくお願い致します。


2012.11.5(月)
「ひつじcafe」亭主より






















記事へトラックバック / コメント


簡単な実技

2012/10/31 06:41
◯概論なのですが、簡単な実技も加味して行なっています。というのも、普通、領域的に、図工を教えてしまうと、マニュアルを提示しそれを遂行する過程になりますが、自分自身の感性や思考が立ち上がる活動を、経験していないと、図工という外形にとどまって、子どもがそのなかで繰り広げている感情や思考の意味をつかみとることはできないと考え、かんたんな実技に加えて説明をするようにしています・・・しかし、暗中模索です。

画像


画像


画像


画像


画像





※まだ手にしたことのない方は、ぜひ一度手にしてみてください。
画像

※ご購入のお申し込みは、下記よりお願いします。
http://www.biiku.jp/1_2.html
雑誌名 美育文化
発行日 隔月刊、奇数月1日
販売価格 各号:850円+送料100円
年間:3,900円
発行所 〒340-0017
埼玉県草加市吉町4-1-8
公益財団法人 美育文化協会
TEL:048-948-6293 FAX:048-924-5752

☆クリックお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
記事へトラックバック / コメント


「さがみ 風っ子展」合評会に行って来ました。

2012/10/29 21:44
◯本日は、午後より、淵野辺公園会場での合評会に参加しました。34年も、こうした野外展覧会が開催されています。すごいことですね。まず関係者の皆さんに敬意を表したいと思います。

合評会は、約80校ある小学校、中学校をいくつかのブロックに分けて、ブロック毎、その学校の指導者が話しながら、協議を行ないます。

個別作品や共同作品を野外という環境に展示するのは、なかなか難しい所もありますが、面白いところもあります。

個別作品をただ陳列するというよりも、環境を取り込んでの作品や作品は、やはり魅力を感じました。けれども一方で、日常の学習活動のなかから生まれた表現を発表することも大切でしょう。

たいへん力作が多かったのですが、さらに、「作品という物体」をただ展示するのではなく、その作品の背後にある子どもの学習のプロセスやまた、子ども自身が、形と色に込めた思いや考えを、観者が、推察したり、理解できたりするような工夫もこれからは、大切ではないかと思いました。

形や色やイメージがいかによくできているか、というよりも、それらを通して、子どもの心が見えてくることが、もっと重要なことであると思います。

画像

本部です。運営はたいへんです。お疲れさまです。今後もがんばってください。

画像

会場に2万点以上あるようです。

画像

合評会です。

画像

話し合い、コミュニケーションすることが、教師の腕前をあげていきますね。すごい大切です。

画像

おや、さすが野外展。カマキリも作品の一部ですね。

画像

風で「帆」のような動き。環境を生かすというのが大切ですね。

画像

字も作品になりますね。

画像

中学生のパワー炸裂。ちまちまではなく、こういうの、いいですね!!

画像

キッズ・ゲルニカの取り組み。



画像

※ご購入のお申し込みは、下記よりお願いします。
http://www.biiku.jp/1_2.html
雑誌名 美育文化
発行日 隔月刊、奇数月1日
販売価格 各号:850円+送料100円
年間:3,900円
発行所 〒340-0017
埼玉県草加市吉町4-1-8
公益財団法人 美育文化協会
TEL:048-948-6293 FAX:048-924-5752

☆クリックお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
記事へトラックバック / コメント


造形「さがみ風っ子展」開催中。

2012/10/29 00:18
◯土日は所用で、みっちりでしたが、月曜日は、午後から、造形「さがみ風っ子展」の合評界に参加させていただきます。大きな展覧会で、はじめての参加です。楽しみにしています。
展覧会の詳細は下記をご覧下さい。
http://www.e-sagamihara.com/event/october/0269/index.html

画像


画像







画像

※ご購入のお申し込みは、下記よりお願いします。
http://www.biiku.jp/1_2.html
雑誌名 美育文化
発行日 隔月刊、奇数月1日
販売価格 各号:850円+送料100円
年間:3,900円
発行所 〒340-0017
埼玉県草加市吉町4-1-8
公益財団法人 美育文化協会
TEL:048-948-6293 FAX:048-924-5752

☆クリックお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
記事へトラックバック / コメント


お知らせ:公開コロキウム「 現代社会は<美術/教育>をもとめるか」。

2012/10/28 04:23
◯柴崎裕先生より、連絡がありましたので、下記の会をお知らせします。長田謙一先生(首都大学東京)をはじめ、現在の美術教育の論客が出演されます。主催は、美術科教育学会現代〈A/E〉部会、公益法人日本美術教育連合。



◆<公開コロキウム>
現代社会は<美術/教育>をもとめるか
――21世紀社会におけるシステム<芸術>と<美術/教育>の更新――

◆主催
H23-25科研基盤研究A(1)「社会システム<芸術>とその変容」
美術科教育学会現代〈A/E〉部会
公益法人日本美術教育連合

◆開催日
2012年11月18日(日)  10:00−17:00
東京都美術館 講堂

※入場無料:どなたでもご自由に参加いただけます
※予約不要

◆【企画内容】
・開会 10:00 進行 谷口幹也(福岡女子大学)
・開会あいさつ 
公益社団法人日本美術教育連合理事長 宮坂元裕
美術科教育学会現代A/E部会代表    柴田和豊

・キーノート・スピーチ 10:05−10:20
現代社会は<美術/教育>をもとめるか
長田謙一(首都大学東京)

◆Se.1 
学校・アート・メディアの現場と〈美術/教育〉10:20−12:40
現代社会の求める(求めるという意味が検討されねばならないが)〈美術/教育〉の実践を探るべく、そのための兆しとなる諸実践を踏まえながら議論地平を拓く。
     
西村徳行(筑波大学附属小学校)
Wah document 南川憲二(アーティスト・ユニット)
坂本顕子(熊本市現代美術館)
茂木一司(群馬大学)
報告  各20分  討議60分
(司会:神野真吾/千葉大学)

◆[昼休み]12:40−13:40

◆Se.2 
教育・感性・学校と〈美術/教育〉の再定義 13:40−16:00
捉え返された現代社会の中で、子どもたちにとって/対して教育、学校、感性、美術、デザイン、メディアはどのようなものとして把握され位置づけられるか。従来の美術教育の枠組みと諸前提を改めて問い直し、求められる更新をさぐる。
     
岩木秀夫(日本女子大学)
柴田和豊(東京学芸大学)
毛利嘉孝(東京芸術大学)
吉本光宏(ニッセイ基礎研究所)
報告 各20分  討議60分
(司会:長田謙一/首都大学東京)

◆総合討論16:00−17:00
上記S.1/2全員+来場者
(司会:長田謙一)

◆【企画趣旨】
激しく変動する世界の/日本の現代社会の中で、<美術/教育>は社会的に存在意義を主張しえるだろうか。しうるとすれば、どのような意味においてか。

この四半世紀の間、世界は、大きく激しい変動のなかにある。経済的・政治的・文化的グローバリズムの支配とそのもとでの新たな対立の惹起、インターネットによる世界包囲等の大きな流れの中で、近代社会を構成してきた政治・経済・文化等の諸システムは、その原理や領域、あるいは規範の明確な輪郭を失い、相互に溶け合い不透明の度をましている。

日本においては、このグローバルな変動を共有しつつ、長期デフレ下の産業構造変容、あるいは失業や格差、自殺や「いじめ」の進行などの固有の様相をも加えながら、全般的な危機が進んでいたところに、3.11の大震災と福島第一原子力発電所の事故が襲った。

この変動のもとで旧来の近代社会の他の分化(ママ=文化?:辻)諸領域同様学校、教育も、また他方芸術も大きな変容を経験している。次世代を形成するという社会の最も根幹にかかわる教育において、問題はその深部から提起されている。新自由主義とインターネット社会に呼応した能力・学校・教育観が全世界的に広まり、また問題化してきてもいる。

日本における「学力論争」・「いじめや自殺」・「格差」・「学校や教育委員会」等々の様々な形で表れている諸問題は、日本固有の条件下に起こる各個別的問題であるだけでなく、世界的連関および問題間相互の連関のなかにある。

他方、芸術・美術・デザインという領域も、ハイカルチャーとポピュラーカルチャーあるいはさらにサブカルチャーの関係は崩れ、感性文化は、現代社会の欲望と夢を形成支配する要素として、現代の産業・経済にとっても政治にとっても不可欠の領域をなしており、現代のナショナル/グローバルな諸力の交錯するハイライトともなるなど、グローバル・アートワールドを形成してきた【廃アート】(ママ=ハイ・アートか?:辻)のみならず〈美術〉全体の基本枠組みもまた深部から問い直されている。

従来<美術教育>は、美術ないし芸術をも、他方の教育の営みをも、安定した社会・文化領域として前提して構想され実践されてきたが、今日、社会総体の変容の中で、一方で《芸術》、他方で《教育》というそれぞれの社会システムも変容を迫られつづけている。

この現代社会において<美術/教育>ははたしてその存在意義を主張しえるのだろうか。しえるとすれば、どのような意味においてだろうか。本コロキウムは、<美術/教育>の前提そのものを現代社会のただなかで問い直し、新たな枠組み・可能性・課題をあきらかにするための手がかりを探ろうとして企画される。

本コロキウムは、H23-25科研基盤研究A(1)「社会システム<芸術>とその変容」(研究代表者:長田謙一)がその共同研究の一環として主催し、同時に、同趣旨の研究課題を掲げ研究を進めてきた美術科教育学会現代〈A/E〉部会がその部会研究例会の一つとして、さらに日本における美術教育の発展を目指す公益社団法人日本美術教育連合がその目的の一環として位置づけ、共催する。


画像

※ご購入のお申し込みは、下記よりお願いします。
http://www.biiku.jp/1_2.html
雑誌名 美育文化
発行日 隔月刊、奇数月1日
販売価格 各号:850円+送料100円
年間:3,900円
発行所 〒340-0017
埼玉県草加市吉町4-1-8
公益財団法人 美育文化協会
TEL:048-948-6293 FAX:048-924-5752

☆クリックお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
記事へトラックバック / コメント


ミッドタウンでの「soy+」のワークショップ&「香道」の話。

2012/10/27 23:01
画像


◯soy+が、土曜日、日曜日にワークショップをミッドタウンで行なっています。

27(土)28(日)、東京ミッドタウンの「DESIGN TOUCH 2012」に参加。

今回のコーヒー染めワークショップは、ハンカチ染め!

時間:11:00〜17:00/場所:芝生広場/参加費:500円

「DESIGN TOUCH 2012」の詳細は

http://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch/2012/park-workshop.html

明日もあります。

画像


◯今日は、所用で出かけましたが、そこで、来ていた先生が、「香道」の師匠でした。日本の伝統の香りを楽しむ文化です。たいへん面白い話でした。

調べると・・・・
香道(こうどう)とは、香りを楽しみ、日常を離れた集中と静寂の世界に遊ぶことを目的とした[要出典]芸道で、一定の作法のもとに香木を焚き、立ち上る香りを鑑賞するものである。香あそびということもある。
香木の香りを聞き、鑑賞する聞香(もんこう)と、香りを聞き分ける遊びである組香(くみこう)の二つが主な要素である。
香席に飾られたり、手前に使用する道具は美術的要素が高く、組香の記録紙には書道の要素が加わることなど、総合芸術と言える。元来は公家の素養とされ特に三条西家が代々伝えた。
香道においては香を「聞く」と表現するのが正式であり、「嗅ぐ」という表現は不粋とされる。本項においても「聞く」と表現する。

香道は、香木が推古天皇3年(595年)に淡路島に漂着して[要出典]から、宗教的(主として仏教)に利用されてきた香木を、焚き、香りを聞いて鑑賞するものとして利用するようになり、結果として日本独自の芸道として発展した。室町時代の東山文化のころ、茶道や華道が大成するのとほぼ同時期に作法なども大成され、現在の形に近いものになったと考えられている。この頃、それぞれに異なる香りを有する香木の分類法である「六国五味」(りっこくごみ、後述)なども体系化された。

香道においては、線香等のように直接点火する香はあまり用いられない。多くは聞香炉に灰と、おこした炭団を入れ、灰を形作り、その上に銀葉という雲母の板をのせ、数ミリ角に薄く切った香木を熱し、香りを発散させる方式がとられる。銀葉を灰の上で押すことにより、銀葉と炭団の位置を調節する。これにより伝わる熱を調節し、香りの発散の度合いを決める。あまりに熱が伝わりすぎて香木の樹脂等から煙が出てしまうと、香りを聞くことの妨げになるため好ましくない。弱すぎず強すぎずに銀葉を調節することは難しく、経験が必要となる。
・・・・・とのこと。(ウィキペディア)。

「嗅ぐ」ではなく「聞く」と言うんですね〜。



画像

※ご購入のお申し込みは、下記よりお願いします。
http://www.biiku.jp/1_2.html
雑誌名 美育文化
発行日 隔月刊、奇数月1日
販売価格 各号:850円+送料100円
年間:3,900円
発行所 〒340-0017
埼玉県草加市吉町4-1-8
公益財団法人 美育文化協会
TEL:048-948-6293 FAX:048-924-5752

☆クリックお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
記事へトラックバック / コメント


「教育美術11月号」が届きました

2012/10/26 21:37
◯「教育美術11月号」が届きました。特集は「美術館の教材」です。

美術館でも、鑑賞の活動を媒介する様々な教材が、開発、活用されているようです。

詳しくは下記サイトをご覧下さい。

http://park12.wakwak.com/~kyo-bi/



画像

表紙。
画像

特集の扉。

特集 美術館の教材
美術館発、美術教育の教材「アートボックス」
宮崎県立美術館 吉田 健 …………………………………………………… 30
鑑賞学習補助ツール「あいパック」
愛知県美術館 藤島 美菜… ……………………………………………… 34
貸出用アートゲームカードセット「アートゲーム・ボックス」ほか
滋賀県立近代美術館 平田 建生… ……………………………………… 38
鑑賞用補助教材「ART CUBE」
福島県立美術館 國島 敏 …………………………………………………… 42
米国の美術館教育と教材 ニューヨーク近代美術館・グッゲンハイム
美術館・メトロポリタン美術館の事例から
名古屋芸術大学 前田 ちま子… ………………………………………………… 46
特集美術館の教材
鑑賞補助教材「アート・キューブ」  郡山市立美術館 永山 多貴子… …………… 50
デザイン作品鑑賞の面白さを届ける「deli.」プロジェクト
宇都宮美術館 伊藤 伸子… ……………………………………………………………… 51
発見! 絵画イロいろ 〜色でイメージをひろげよう〜
うらわ美術館 田島 均………………………………………………………………… 52
学校にとって「もう一つの図工室・美術室」のような存在をめざして
千葉県立美術館 東 健一……………………………………………………………… 53
MOMATコレクション「こどもセルフガイド」・国立美術館「アートカード・セット」
京国立近代美術館 細谷 美宇… …………………………………………………… 54・55
写真と映像の専門美術館におけるオリジナル教材「おどろき盤」の活用
東京都写真美術館 石田 留美子… ……………………………………………………… 56
大人も楽しめる子どものための展覧会解説書『ジュニア版ブックレット』
損保ジャパン東郷青児美術館 小林 晶子… …………………………………………… 57
アートカード 鑑賞学習に取り組みやすい環境づくりを目指して
名古屋市美術館 清家 三智… …………………………………………………………… 58
作品と鑑賞者をつなぐために?「ジュニア・セルフガイド』一枚の小さなシートから?
国立国際美術館 藤吉 祐子… …………………………………………………………… 59
「鑑賞シート」を自由にアレンジ〜教室で楽しい授業〜
徳島県立近代美術館 亀井 幸子 … …………………………………………………… 60
大塚国際美術館における鑑賞支援プログラム
―市・大学・美術館の三者連携による取り組み―
大塚国際美術館 富澤 京子 … ………………………………………………………… 61
こどもたちと作品をつなぐために ―夏休みこども美術館2012 の事例―
福岡市美術館 神保 明香 … …………………………………………………………… 62






記事へトラックバック / コメント


飛び出すカードをプレゼントしよう。

2012/10/26 21:06
画像


◯いわゆる紙工作的なものも、大学の授業ではします。切り込みを入れた飛び出すカードをはじめました。

単に立体的なものではなく「誰に」「何のために」「どんなコメントを書くか」などをポイントにして、はじめました。

例えば、おじいちゃん、おばあちゃん、両親、恋人・・・・など、実際にいる身近な人を対象にしてつくることで、よりリアリティが出ます。

はじめに、小さな白い紙で、切り込みを入れて遊びます。こんな感じか、を体得してから、つくり出します。図工は、大まかな指標を持ちつつも、材料と触れ合い操作するなかでしか、つくることの具体性は生まれてきません。

また、これは、中学年以上の題材と思います。低学年で、カッターやハサミで切ることや折ることを十分体験してからの題材ですね。

けっこう時間がかかるようで、2時間題材となりました。細部に取りかかり始めると、さらに、のめり込みそうです。

@小さな白い紙で遊びながらいろいろ試す。
画像

画像

繰り返しや連続的な感じ。
画像

複雑化。
画像

2カ所を折ってます。
画像

付け加え。イメージが芽生えています。
画像

こんな「目」のようなものもあります。
この他、いろいろと試しています。


A試しから、作品化へ。
画像

この学生は、いろいろ試す中で、この形から・・・・
画像

このように展開していました。


B色の組み合わせなど。
画像

3種類くらいの質感や厚さの違う紙の中から、色合いなどを組み合わせていきます。
紙のエッジを装飾的にしていますね。

画像

切り込みを入れないで、紙をつけ加える人もいました。

C応用。
ア:まずは、こんな感じ。
画像

イ:これを開くと・・・
画像

ウ:もう一枚出て来ます。
画像



・・・ここでお時間。また来週。細部ができてくると、それぞれの思いが入り込んで、さらに、リアリティが出てくると思います。単に、「仕組み」ではなく、そこに気持ちが造形として表現されるところが、面白いのです。




画像

※ご購入のお申し込みは、下記よりお願いします。
http://www.biiku.jp/1_2.html
雑誌名 美育文化
発行日 隔月刊、奇数月1日
販売価格 各号:850円+送料100円
年間:3,900円
発行所 〒340-0017
埼玉県草加市吉町4-1-8
公益財団法人 美育文化協会
TEL:048-948-6293 FAX:048-924-5752

☆クリックお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
記事へトラックバック / コメント


思っているより、身体性は希薄になっている。

2012/10/23 19:55
◯身体感覚や手の感触、巧緻性が大切だ、とは、昔からよく言われてきましたが、そうした事態は、いっそうというか、自分で思っているよりも、かなり進んでいるような気がしてきました。

というのも、今日は、カッターで、わりばしペンを削ったのですが、ほとんどの学生が、したことがないとのことでした。

家でしないのは、もう時代の趨勢ですが、学校でもしない時代になってしまったのかな?

それとも、モンスターペアレンツがいるから、刃物は使わない?

それとも、先生も、使ったことがない?

画像

やっているうちに、慣れてきて、すぐできるようになりました。簡単でけっこう楽しい活動です。(安全指導は、きびしく、きちんとするのが鉄則です)

画像

概論なのですが、簡単な実技を織り交ぜます。
小さな紙に「夜の森」をテーマにスクラッチしました。
画像

例えば、材料に対する身体感覚を経験していないと、「材料を基にした造形遊び」という単語は、そういうコトバの記号になってしまいます。今の時代、図工を行なうためには、身体を通して内側から感じることがより重要かもしれません、



画像

※ご購入のお申し込みは、下記よりお願いします。
http://www.biiku.jp/1_2.html
雑誌名 美育文化
発行日 隔月刊、奇数月1日
販売価格 各号:850円+送料100円
年間:3,900円
発行所 〒340-0017
埼玉県草加市吉町4-1-8
公益財団法人 美育文化協会
TEL:048-948-6293 FAX:048-924-5752

☆クリックお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
記事へトラックバック / コメント


律儀な食事会

2012/10/22 21:47
◯少し前、講師を頼まれていたのですが、急きょ、中止になり、申し訳ないと家まで謝りに来た会社があります。寺西化学工業さんです。この会社は、「マジック」で有名ですね。マジックを使ったことのない日本人はいないと思います。すごい律儀で、かえってこちらが恐縮してしまいました。

(最近は、メールでポンと連絡して、ハイおしまいの所が増えてきていますので・・・・)

本日は、またまたご丁寧に、藤島社長さんから、電話があり、池袋で、宮下さんと3人で、食事会となりました。

藤島社長さんは、ヨーロッパの美術館や日本の窯元もほとんど回っておられ、なかなか博学な方であります。企業の経営者は、やはりそれなりの教養というものが必要なのですね。丸山眞男なんて、ポンと出てくるので、感心します。

お土産に、「アクアテック」という水性の顔料ペンをいただきました。これは、ぼくも使っていて、染料ではなく、「顔料」でできたマーカーなので、光に当たっても褪色(たいしょく)しません。かなり、いいですね。ありがとうございます。

画像





画像

※ご購入のお申し込みは、下記よりお願いします。
http://www.biiku.jp/1_2.html
雑誌名 美育文化
発行日 隔月刊、奇数月1日
販売価格 各号:850円+送料100円
年間:3,900円
発行所 〒340-0017
埼玉県草加市吉町4-1-8
公益財団法人 美育文化協会
TEL:048-948-6293 FAX:048-924-5752

☆クリックお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
美育文化11月号、奮戦中!!
美育文化11月号、奮戦中!! ◯現在、メールの模様では、「美育文化11月号」、編集、最後の詰めです。いよいよ入稿の模様です。穴澤編集長、大澤さん、徹夜が続いております。がんばってください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/22 16:05
アートキャンプイン京都(総集編)
アートキャンプイン京都(総集編) ◯本日は、無事に京都から、帰宅しました。BSSの皆様、また関係者の皆様、ありがとうございました。関西地区の若い先生方並びに一般関係の皆様、ご参加ありがとうございました。たいへん熱気に満ちたワークショップとなりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/21 00:16
BTの取材で濱脇先生の授業に同行しました。
BTの取材で濱脇先生の授業に同行しました。 ◯本日は、濱脇みどり先生の中学校に取材に行きました。都市近郊のベッドタウンといった地域です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/18 19:53
机上の「造形遊び」
机上の「造形遊び」 ◯図画工作概論で、約80名(×2コマ)もいます。座学が中心ですが、講義だけでなく簡単な実技も取り入れています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/18 09:59
「美術手帖11月号」増田三恵子先生実践掲載!!
「美術手帖11月号」増田三恵子先生実践掲載!! ◯増田先生の「かぽっと ひたる」が、BTに掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/16 20:48
ただいま、編集中!!美育文化11月号!
ただいま、編集中!!美育文化11月号! ◯穴澤編集長をはじめ、デザイナーの皆さん、このところ、徹夜続きで、編集中です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/14 02:43
CCAA「子ども図工室」のお手伝い&見舞い&BTの取材
CCAA「子ども図工室」のお手伝い&見舞い&BTの取材 ◯昨日は、久しぶりにCCAAの「子ども図工室」のお手伝い。鷲尾先生、矢木先生を中心に活動しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/14 02:04
A「かわいいコレクション」の傾向
A「かわいいコレクション」の傾向 ◯昨日おこなった題材「かわいいコレクション」は、「箱」をつくって「何かをつくリ入れる」という活動だが、この設定に対して、出来上がった作品を、じっとみていると4つの傾向が感じられた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/13 03:44
横内先生の題材を、学生に導入してもらい、やってみた。
横内先生の題材を、学生に導入してもらい、やってみた。 ◯心理学などでは、ある研究を再実施して、その成果を試すことを「追試」と呼ぶ。図工でも、他の人が実践した題材を、整理し、自分の学級などで、実践することが行なわれている。・・・というか、教科書の題材は、いろいろな場所で、その学級に見合ったように解釈され、実施されているのが、通常の営みである。むしろ、題材は、そのママはできず、いかに、教師が、その題材を解釈し、目の前の子どもに適応させるかが、大切である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/12 18:20
アートキャンプイン京都打ち合わせA
アートキャンプイン京都打ち合わせA ◯本日は、21日(日)に迫った京都の打ち合わせが、BSSでありました。そのあと、イタめし屋で反省会。おじさんたちは、元気でした(笑い)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/09 23:15
Soy+のワークショップ
Soy+のワークショップ ◯Soy+のワークショップの紹介です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/07 09:05
題材名「秋!いい感じ!!」(なかなかいいですぞ!!!)
題材名「秋!いい感じ!!」(なかなかいいですぞ!!!) ◯今日は、2回目の大学の授業なので、いよいよ実技に入りました。「造形遊び+絵に表す」、高学年設定で、手で絵具を、ぬりたくり構成しながら、「秋」をテーマに、表し方を自分なりに工夫して活動しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/05 18:28
あきる野市研究授業講師:二葉先生の熟達した授業
あきる野市研究授業講師:二葉先生の熟達した授業 ◯本日は、あきる野市まで、講師に出かけました。授業者は、二葉優子先生。なかなか手ごわい低学年を、受容しながら、活動を引き出し、授業を成立させていく手腕は、なかなか見応えがありました(型にはまったうまい授業と言う意味ではありません)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/03 20:50
身体性はやらないとわからない&CCAAで美育文化編集会議
身体性はやらないとわからない&CCAAで美育文化編集会議 ◯昨日は大学で、図画工作概論。座学だけでは、わからない。のが、身体性や材料の特徴を感じる、ということ。言葉や知識として、それをを言われても、それが、どういうことなのかが、実感できない・・・・。少しやりはじめると、眠そうな人もパッチリ目を覚ましました(笑い)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/03 05:59
『教育美術10月号』特集:材料から学ぶ
『教育美術10月号』特集:材料から学ぶ ◯『教育美術10月号』「特集:材料から学ぶ」が発刊されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/02 04:42
お知らせ:日本美術教育連合主催「―造形・美術教育力養成講座― 」
お知らせ:日本美術教育連合主催「―造形・美術教育力養成講座― 」 ◯公益社団法人日本美術教育連合主催講座のお知らせ ―造形・美術教育力養成講座― <第1期>子どもの鑑賞の力をひらく ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/30 07:54
第1回美育文化フォーラム(総集編)
第1回美育文化フォーラム(総集編) ◯くしくも、東京青山の「こどもの城」の閉館の報道が流れる中、「第1回美育文化フォーラム」が開催されました。「事業仕分け」が、まず、「子どもという分野」から、平然と実施されてしまう我が国の政治・文化的体質は、図工・美術教育の今後を占うような負の響きを内包して、実は、このフォーラム自体の開催の動機に深く関与するものであると感じるのでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/29 06:59
「横内克之先生学校訪問」&「江古田古本屋めぐり」
「横内克之先生学校訪問」&「江古田古本屋めぐり」 ◯本日は、美育文化の取材で横内克之先生の学校を、穴澤編集長と訪問しました。午後は、近くの「江古田」で、古本屋探訪を編集長としました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/27 22:26
初等教育資料10月号に鼎談が掲載されました
初等教育資料10月号に鼎談が掲載されました ◯『初等教育資料10月号』(東洋館出版社)に、 鼎談  今、再び、子どもの絵の指導について考える  子どもの姿から考える 絵に表す活動における指導 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/27 00:51
錦糸町に、授業研究会の講師に行って来ました(まとめ)
錦糸町に、授業研究会の講師に行って来ました(まとめ) ◯本日は、錦糸町近くの江東区の校内研究の図工の研究授業の講師にでかけました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/27 00:26
いよいよ大学はじまりました&越冬サナギ
いよいよ大学はじまりました&越冬サナギ ◯昨日より大学の授業はじまりました。夏休みは、ぼく自身は、なんだかんだと働いていたので、休み足りない感じです。でも学生たちは、たいへん元気そうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/26 07:22
こどもの城:第16回図工だいすき子ども美術展は、10月1日(月)で終了となります。
こどもの城:第16回図工だいすき子ども美術展は、10月1日(月)で終了となります。 ◯いよいよ会期も終わり、来週の月曜日で終了となります。お見逃しなく。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/26 07:15
奈良美智展&ディープ横浜ツアー(総集編)
奈良美智展&ディープ横浜ツアー(総集編) ◯昨日は、穴澤編集長の音頭で、「奈良美智展」を皮切りに、中華街、ギャラリー本町、ヨットハーバー、横浜中華学校の王節子先生のご主人が営む中華料理店などを、穴澤ご夫妻、水島先生とともに、探訪しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/23 08:46
『博物館教育論』(放送大学テキスト)
『博物館教育論』(放送大学テキスト) ◯寺島洋子さんが、放送大学で講義をすることを以前このブログでも紹介しました。寺島さんより、テキスト『博物館教育論』(寺島 洋子 国立西洋美術館主任研究員、大 幸 慶應義塾大学非常勤講師)をいただきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/20 23:00
「美術手帖10月号」伊藤貴光先生授業実践掲載。
「美術手帖10月号」伊藤貴光先生授業実践掲載。 ◯美術手帖に連載の「シリーズ子どもと美術」に、足立区の伊藤貴光先生の実践が掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/16 13:43
こどもの城:図工大好き子ども美術展「ギャラリートーク」「フォーラム」総集編
こどもの城:図工大好き子ども美術展「ギャラリートーク」「フォーラム」総集編 ◯土曜日は、午前中、岡田京子先生(文科省教科調査官)のギャラリートーク、 午後は、岩崎清先生のフォーラムがありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/16 04:50
こどもの城
こどもの城 岩崎清先生の講演会、終了しました。触察して、鑑賞する、というのは、世界を知覚する根源的な意味を示しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/15 16:35
こどもの城
こどもの城 会場からは、いろいろな質問が出ています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/15 15:21
こどもの城
こどもの城 映像をもとに、話がはじまりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/15 14:57
こどもの城
こどもの城 もう少しではじまります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/15 13:57
こどもの城
こどもの城 午後は、岩崎清先生の講演会があります。葛飾北斎を触覚で、感じる、興味深いお話です。現在はコーヒータイム。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/15 13:31
こどもの城
こどもの城 会場から五人のトーカーがでで、グループでギャラリートークをして終わりました。楽しい会になりました。岡田先生、ありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/15 13:26
こどもの城
こどもの城 三枚目。指導者の話しも参考になります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/15 11:09
こどもの城
二枚目のギャラリートークです。 少し、トークのテクニックなども披露しながらです。 見る時間をとる。応えに賛同し受けてあげる。発言を作品に返しながら話をすすめる、など。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/15 10:44
こどもの城
こどもの城 ギャラリートークはじまりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/15 10:26
こどもの城
こどもの城 ○これから、岡田京子文科省教科調査管の講師でギャラリートークがはじまります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/15 10:21
こどもの城
こどもの城 はじまります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/15 10:21
あさって、15日土曜日は、こどもの城で「ギャラリートーク」と「フォーラム」があります!!
あさって、15日土曜日は、こどもの城で「ギャラリートーク」と「フォーラム」があります!! ◆第16回「図工だいすき子ども美術展」 会期 :2012年9月11日(火)~10月1日(月) 会場 :こどもの城(アトリウムギャラリー) ※表参道駅・渋谷駅 徒歩10分 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/13 04:30
世田谷区の、横山理絵先生の研究授業の講師に行って来ました。
世田谷区の、横山理絵先生の研究授業の講師に行って来ました。 ◯本日は、世田谷区に研究授業の講師にいってきました。たいへん閑静な住宅地にある学校でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/12 21:20
「美術手帖」11月号取材、増田三恵子先生の授業に行って来ました。
「美術手帖」11月号取材、増田三恵子先生の授業に行って来ました。 ◯昨日は、大田区の増田先生の授業の取材に同行しました。増田先生は、新採の時、足立区でご一緒した先生で、当初から、積極的に図工を研究されてきた先生です。3年間、休職し、アフリカに協力隊で過ごし、最近、日本に戻ってこられました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/12 04:21
第1回美育文化フォーラムのお知らせ
◯美育文化誌を発刊毎に、小誌を資料に、フォーラムを開催することになりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/10 22:45
第 16 回 図工だいすき子ども美術展 ギャラリートーク&フォーラム開催のお知らせ
◆第16回「図工だいすき子ども美術展」 会期 :2012年9月11日(火)~10月1日(月) 会場 :こどもの城(アトリウムギャラリー) ※表参道駅・渋谷駅 徒歩10分 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/10 03:10
「CCAAこども図工室」&「第16回図工だいすき子ども美術展搬入終了」
◯子ども図工室。2時半から、CCAAで、大きな紙に身体全体を使って絵を描きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/09 00:00
千代田区番町小学校に講師に行ってきました。
四谷駅のほど近く、東京の中心に位置しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/05 21:03
リニューアル「美育文化」の反響
◯FBなどでもリニューアル「美育文化」の反響が届いています。ぜひご覧下さい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/04 22:33
アートキャンプin京都へのお申し込み方法
◯アートキャンプin京都へのお申し込み方法は、下記のメールアドレス・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/04 22:08
ムクロジの実
◯愚妻が喜多方の個展http://www.gallery-kakurezato.jp/から帰ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/04 07:07
「アートキャンプin京都」の会議がCCAAでありました。&内野務先生、お疲れさま。
◯お申し込み受付は、9月4日(火)以降です。 下記のHPをご参照下さい。 s-artcamp@bijutsu.co.jp ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/03 22:45
「今日から新学期?」&「アートキャンプ in 京都2012』
◯まだ、半分ぐらいは、今日から新学期かな?二学期も、楽しくがんばってください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/03 08:23
「教育美術」と「美育文化」
◯現在、我が国の教育の世界には、「教育美術」と「美育文化」の二誌が、一般的な先生方や教育関係者にむけて、出版されています。その他は、学会誌や研究紀要という形で、編集発行されていますが、はるかにそれらよりは一般性を目指してつくられています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/02 04:07
第1回美育文化フォーラムのお知らせ
◯この度、美育文化誌を発刊毎に、小誌を資料に、フォーラムを開催することになりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/01 12:49
リニューアル「美育文化」のオススメ!
◯本日、お初見の堀江先生も、びっくり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/30 21:56
そのあと、美育文化の打ち合わせに、おじゃま虫。
◯ベトナムの会議が終わると、あの穴澤編集長と堀江美由紀先生が、11月号の打ち合わせをするというので、顔をだしました。昨日の編集会議に続き、編集長もがんばっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/30 20:54
日越こどもの絵展実行委員会
◯本日も、CCAA にて、ベトナムの展覧会の打ち合わせがありました。11月下旬に、ベトナムで、展覧会を開催し、その際、ワークショップやフォーラムを行ってきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/30 20:36
リニューアル「美育文化」ついに発刊!
◯ついに発刊!リニューアル「美育文化」。 特集:子どもの原風景と美術教育。 いままでのデザインを一新し、現在の視覚文化に対応するマガジンに生まれ変わりました。 題字は、石井柏亭 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/30 08:06
市川こどもアートクラブ展覧会開催中!!
◯本日より、展覧会開催中です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/28 17:58
リニューアル!「美育文化」誌が、印刷所から届いたようです。
◯リニューアルした「美育文化」誌が、印刷所から、事務所に届いたそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/28 16:37
市川市「吉澤ガーデンギャラリー」ワークショップ総合編
◯昨日は、市川市吉澤ガーデンギャラリーで、水島尚喜先生とぼくで、ワークショップをしてきました。水島先生は「デジカメ」、ぼくは「段ボール」を活用したワークショップをしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/27 06:53
内野務と子どもたち展
◯本日は、現在CCAAで開催中の「内野務と子どもたち展」にでかけました。内野先生の30年間の集大成が展示してあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/25 21:24
つくば市図工美術夏期研修会
◯昨日は、炎天下のなか、つくば市の図工美術夏期研修会の講師で、つくば市まで行ってきました。 午前・午後の一日研修でしたが、約60名の参加者があり、たいへん積極的に参加する姿が印象的でした。茨城県は、来年度「関ブロ大会」があるそうで、「公開授業」を行うために現在準備を進めているそうです。近年、公開授業をしない、発表だけの地区が増えてきましたが、たいへん意欲的な地区であると感じました。 担当の磯山校長先生、中島指導主事先生、中川先生をはじめ、つくば市の先生方には、たいへんご丁寧に対応いただき感謝... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/24 02:12
つくば市図工研修会講師
○つくば市総合教育研究所につきました。学校の跡地です。小さな学校だったようです。小高い森の中にあって、道を迷ってしまいそうでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/23 18:27
つくば市図工研修会
○研究所の裏庭など。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/23 07:17
ベトナムばやり?
◯この炎天下、愚娘は、帽子もかぶらず、ベトナムに出かけてしまいました。先日は、台湾に遊びにいってきたばかりです。26日には「SOY+」のコーヒ染めのワークショップの手伝いをするそうです。ベトナム珈琲で染めるのかしら? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/22 20:56
内野務先生のメッセージ
◯内野務先生よりメーッセージが届きましたので、ご紹介します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/22 05:41
CCAA「内野務と子どもたち展」のお知らせ
◯あの映画「トントンギコギコ図工の時間」の内野務先生の展覧会が迫ってきました。今週の金曜日からです。現在、搬入中の模様。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/21 05:23
保育と図工
◯夏真っ盛り。いろいろな研究会が各地で開催されているようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/20 00:18
美育文化リニューアル編集会議
◯本日は、CCAAで、「美育文化」のリニューアル編集会議がありました。9月号から、体裁を変えますが、表面的なものだけでなく、ビジュアルな雑誌としての本質を踏まえて、編集しています。デザイナーの皆さん、徹夜で、デザイン作業をしていただいています。もしかして、本邦初のビジュアル・アートエデュケーション・マガジンが生まれそうです。お楽しみに。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/18 21:55
君津市図工美術研修会に行ってきました!!
◯君津まで、講師で行ってきました。お題は「版画」。ということで、題材を2つ考えて実施しました。が、従来の目的的、技能重視の版画ではなく、発想や創造的技能を発揮しながら、活動する版を生かした造形活動です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/17 16:41
『美術手帖9月号』シリーズ:子どもと美術、田村有希先生実践掲載!
◯東京では、図工教師も、世代交代が、急速に起こりつつあり、旧世代が消えつつあります。中間の30代の層はかなり手薄です。けれども、20代の若手の先生方で、積極的に活動している方もいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/11 20:14
『美術館活用術』
◯首都大学東京の長田謙一先生より、本書をいただきました。ありがとうございます!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/11 05:43
日本美術教育研究会終了&田窪恭治先生の講演会がよかったです!
◯無事、研究会が終了しました。皆さん熱心でびっくりしました。また、討議の際、いろいろな質問や意見が出て、時間が足りないくらいです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/09 19:45
講演会「田窪恭治」先生
○水島先生の紹介で田窪恭治先生の講演会がはじまりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/09 14:48
討議
○三人の発表者とふじえ先生による討議がはじまりました。参加者から質問、意見がたくさんでます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/09 13:53
課題発表
○発表者、長谷川太郎先生(新潟)、和久井智洋先生(東京)、森口律先生(福島)。司会、ふじえみつる先生(愛知教育大学)。同じ課題を実践し、比較検討していきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/09 12:46
研究発表4
○宮城県の宮崎敏明先生の発表です。震災以後の状況んを踏まえての研究発表です。「10年後の宮戸について思いをめぐらせ、夢や希望をもって生きようとする児童の育成」。司会、西尾正寛先生(畿央大学)。震災が子どもたちの心に大きな影を落としている様子がうかがえます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/09 11:18
研究会第2日目
○野崎成嗣先生(宮崎)の発表。「いいこと考えたと、つぶやく図画工作指導の考え方と実践」。司会、鈴木陽子先生。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/09 10:19
日本美術教育研究会第2日目
○おはようございます。いま電車の中です。今日も暑いですね。の ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/09 09:09
レセプション
◯水島尚喜(聖心女子大)会長のあいさつではじまりました。 一日、みっちり研究発表で、みなさん、本当に熱心です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/09 03:40
ワークショップ
◯竹井史先生(愛知教育大)による簡単な動くおもちゃのワークショップ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/09 03:36
討議
○司会は、阿部宏行先生(北海道教育大学)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/08 14:48
課題発表
○三人の先生の課題発表がありました。 服部真也先生(奈良)岡田美絵先生(石川)、小田佐也加先生(山口)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/08 14:34
協議会2
○司会は、林耕史先生(群馬大学)。図工を教科の枠を超えて、可能性を探る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/08 12:06
研究発表2
○「図画工作の可能性をさぐる」。渡辺淳子先生(福井県)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/08 11:42
協議会
○なかなかいい発表なので、質問がでます。司会は、大泉義一先生(横浜国大)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/08 11:18
研究発表はじまりました。
○「表現と鑑賞の有機的関連を図った授業実践」。若井ゆかり先生(徳島県)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/08 11:09
研究会
○本日から2日間、市ヶ谷で、日本美術教育研究会に参加。その前に一服。というか、朝飯。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/08 08:25
そう言えば「台湾」
◯昨日から、愚娘が、台湾に遊びに行っています。メールによれば・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/07 23:51
スクーリング第3日目終了!
◯昨日で、スクーリング、無事終了(かな?) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/05 04:58
スクーリング第2日目終了。
◯昨日もたいへん暑かったですが、みなさんがんばって、楽しんでいました。午前2つ、午後1つの題材をおこないました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/04 04:26
スクーリング1日目
◯今日は、5時間みっちり、連続授業でした。暑いけれど。皆さんがんばっておられました。社会人の方がほとんどで、日本全国からいらしてました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/02 22:07
愛媛の「子どもの絵の展覧会(スケッチブック展)」
◯愛媛の木村先生が、仲間と子どもの展覧会を開催されます。一度、講師で参加させていただきましたが、たいへん温暖な土地と、温和な人柄、文化の発祥の地でもあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/01 07:05
山梨総合教育センターに講師に行ってきました。
◯昨日は、山梨まで、ひとっ走り(笑い)。というか、行きも帰りも、事故渋滞。疲れた〜。でも、安全運転に注意しましょうね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/31 05:35
学生のポートフォリオから
◯無事、前期も修了し、学生の提出したポートフォリオをみています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/30 04:07
サマーアートキャンプB「他の皆さんの様子」
辰野のガンちゃんのワークショップ。うるさいうるさい(笑い)。アルミ板を、たたき出しています。元気です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/29 04:20
サマーアートキャンプA「質感を感じながら、材料を組み合わせる編」
◯すごい猛暑。皆さん、がんばっています。こういう参加者の姿をみると、図工の明るい未来を感じます。 ぼくたちの部屋は、冷房があったので、助かりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/29 04:06
サマーアートキャンプ@「目隠し&粘土、自然材編」
◯昨日は、サマーアートキャンプでワークショップをしてきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/29 03:49
前期の反省
◯昨日で、前期の授業が、終了しました。が、今年は、2カ所で、授業をさせていただいたのですが、どちらも、以下の様子がうかがえました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/28 05:14
『教育美術8月号』
◯『教育美術8月号』が届きました。 特集は、「第47回教育美術・佐武賞」です。この賞は歴史ある賞で、たくさんの力のある実践者を輩出してきました。通常の研究論文と異なるのは、教育現場に根差した論文・報告であることです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/26 21:27
CCAA「サマーアートキャンプ」木曜日・金曜日・土曜日の時間割
◯本日より、三日間、CCAAにて、恒例となったサマーアートキャンプです。毎年、熱気の中、研修に励んで、おられます。すごいです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/26 10:47
サマータイム
本日の美しい朝焼け。今日も猛暑を予感させます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/26 10:10
Soy+(ソイ・プラス)のワークショプのお知らせ:世田谷ものづくり学校
◯珈琲染めのワークショップのお知らせです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/24 22:17
ん〜、思い出したなあ!
◯久しぶりに、成績をつける嫌な感じを、思い出しました。学生のつくったスケッチブックのポートフォリオは、スゴイ面白いんですが・・・。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/24 22:13
「第16回図工だいすき子ども美術展」のお知らせ
◯「第16回図工だいすき子ども美術展」のお知らせ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/23 17:01
CCAA[「図工だいすき子ども美術展」&その他
◯本日は、午前中、「図工だいすき子ども美術展」の準備、といっても、ぼくは、ほとんど何もすることがありません。皆さん、がんばってました。若手の皆さんも入り、少し世代交代です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/21 22:40
CCAA「内野務と子どもたち展」のお知らせ
◯あの映画「トントンギコギコ図工の時間」の内野務先生の展覧会が開催されます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/20 05:26
「日独子ども絵展」のお知らせ
◯「日独子ども絵展」が開催されます。コーディネイトは、加藤貴子先生かな? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/18 20:19
あと、一周間。
◯学校の授業も後一回。ポートフォリオ作成していますが、来週、皆さん、提出できるかな? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/17 18:17
美育文化リニューアル会議。(総集編)
◯本日は、CCAAで、美育文化のリニューアルに関して、そのデザインの打ち合わせをしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/15 22:02
初等教育資料の「表紙」の絵と解説がいいです。
◯「初等教育資料7月号の表紙です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/15 09:40
シリーズ:子どもと美術『美術手帖』7月号8月号
◯『美術手帖』連載のシリーズ:子どもと美術の7月号、8月号は、中学校の特集です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/15 09:34
内野務先生の「カメラ」の題材をやってみました。
◯先日の、サマーアートキャンプの打ち合わせの会の際に、内野先生から、かわいらしいお手製の「カメラ」をいただきました。中には、フィルム(画用紙)が入っていて、フィルムには、写真(スケッチ)が入っています。(100個くらいつくって配ってるそうです。スゴイですね) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/14 05:50
『初等教育資料10月号』の鼎談をしてきました。
◯昨日は、授業を終えてから、夜、文部科学省で、『初等教育資料』(東洋館出版)の10月号の鼎談に出かけてきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/14 05:03
美術手帖:田村有希先生の取材終了した模様です。
◯火曜日は、快晴でしたが、田村先生の授業の取材が、無事終了したようです。小生は、授業があり、あいにく参加できませんでしたが、全身で材料と交わる、活発な活動が展開したようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/12 05:26
学校の菜園のキュウリ!
◯前回の続き・・・学校の菜園があり、のぞいてみると、でかいキュウリ。保育関係でつくっていようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/11 13:48
授業の作品
◯昨日の授業での作品です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/10 05:09
授業から
◯今日は、補講も含め、4コマあったので、疲れ気味。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/07 01:17
『図工のABC』阿部宏行著、日本文教出版社、2012。
◯北海道教育大学の阿部宏行先生の『図工のABC』をいただきました。阿部先生というと、造形遊びや評価の研究、学習指導要領の協力者と・・・現在の図工の教育課程に関するすぐれた知見を持つ方です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/05 06:07
「福耳」発見&授業から
◯オババの見舞いに。お医者さんの話では、お陰さまで、退院してよいことになりました。ただ、透析が、週2回から3回になりました。愚妻が、髪をとかしていると、「福耳」を発見。 なかなか立派な福耳です(笑い)。それにしてもでかいな〜。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/03 05:40
奥村高明先生の新刊本『美術館活用術〜鑑賞教育の手引き〜』のお知らせ
◯前文部科学省教科調査官の奥村高明先生(聖徳大学教授)の新刊が刊行されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/02 19:30
『美育文化7月号』が届きました。特集「図工考現学」です。
◯美育文化7月号が届きました。特集は「図工考現学」。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/01 04:04
さくらんぼ・・・寒河江文雄先生からいただきました!
◯昨日は、所用で、新宿に。新宿というのは、いつきても、超雑踏で、でかくて、「新宿」だな〜、と、いつも思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/01 03:27
子どもの発想
◯子どもの発想が、作者本人からの発言で、はっきりわかります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/30 03:32
『教育美術7月号』特集:美術にとって言語活動とは何か?
◯『教育美術7月号』が届きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/29 05:21
「美術手帖」伊藤貴光先生授業取材2回目。
◯本日は、足立区の伊藤貴光先生(通称、タコちゃん)のところに、第2回目の取材に行きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/27 20:31
気になる指導
◯学生の木版画。テーマは「わたしの楽しい時」。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/27 03:35
主題はどこからやってくるか?
◯最近、一見よくは描けて入るが、他の作品もみると、すべて一様な作品群があったりする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/25 20:44
「アオムシ長男の旅立ち」&「穴澤編集長との密会」。
◯朝、気付くと、蛹に変化が、そろそろかなと思っていて、ふとみると、体がすでに半分出ていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/24 20:07
CCAA「子ども図工室」のお手伝いに行ってきました。
◯昨日はCCAAに「子ども図工室」のお手伝いに行ってきました。 鷲尾礼子先生を中心に指導しています。昨年から参加させていただいています。が、今年は、土曜授業実施の学校が多いため、月2回午後の開催となってしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/24 04:21
お知らせ:アートパーク5〜こどものじかん〜(松戸中央公園、聖徳大学)
◯昨日は、聖徳大学で、非常勤の日でした。5時限目に小生の図画工作Tの公開授業があり、先生方に参観いただき、ご指導をいただきました。ありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/23 00:38
第2弾!!韓国訪問の内野務先生より速報が入りました。
◯内野務先生に関するレポートを金政孝(キン ジョンヒョ)(韓国教育課程評価院 美術教育科 研究員)さんが書いていますので、以下に掲載します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/22 05:46
韓国訪問の内野務先生より速報が入りました。
◯小生のメールに、韓国訪問の内野務先生から、速報が入りました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/22 05:31
美育文化理事・評議委員会
◯本日は、公益財団法人美育文化協会の理事・評議委員会がありました。天気模様と同じで、順風満帆とは、なかなか行かない時代となりましたが、ぜひ、造形美術教育の発展のためには、踏ん張って、知恵を出していただきたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/21 19:13
「美術手帖」シリーズ子どもと美術取材、伊藤貴光先生@
◯足立区のちょうど中間地帯で、エアーポケットのような、どの駅からも車で15分くらいのところにある学校です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/20 16:21
美育文化編集会議
◯昨日は、CCAAにて、6時から、9時過ぎまで、編集会議がありました。少し蒸し暑い中、協議が続きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/19 04:58
CCAA[図工だいすき子ども美術展」実行委員会
◯本日は、17時よりCCAAで、子ども展の実行委員会がありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/16 22:47
2012サマーアートキャンプのHPの開設
◯サマーアートキャンプのHPが開設されました。 以下をご覧下さい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/16 06:47
ほりすすみ版画
◯いま「ほりすすみ版画」をやっています。一版で、掘り進みながら、色を重ねていくものです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/16 03:58
サマーアートキャンプ2012の案内ができました!!
◯CCAAで「ベトナム展」の会議中、森泉さんが、やってきて、おいていきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/14 19:21
「みんな友だち、ぼくの絵わたしの絵」ハノイ展(予定)の運営委員会
◯昨年の「インド」の交流から、さらに、本年度は、12月にベトナム・ハノイで、こどもの絵の交流展とイベントを企画しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/14 18:47
「想画」資料室の写真から。
◯長瀞小学校の想画資料室にあった写真です。恐らく、「佐藤文利」先生の授業風景を撮影したものです。黒板には、「人体写生」の描き方が図示してあり、子供たちに一斉に指導をおこなっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/13 04:56
力の抜けた木版画
◯造形の授業も約3分の2を消化し、学生も、ずいぶん肩の力が抜けて、活動できるようになってきたようです。最初は、苦手意識がさきにたっていたり、用心深い感じでしたが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/12 02:52
美育文化誌連載中「図説子どもART学」
◯「美育文化」誌に連載中の「図説子どもART学」を、穴澤編集長のきびしい督促(笑い)によって描いています。目がショボショボ・・・。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/10 05:18
教育美術振興会評議委員会がありました。
◯本日は、浅草橋の教育美術振興会で、評議委員会がありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/09 19:11
版画の授業って、すこし曖昧な部分を残しておいてもいいかもしれない。
◯版画の授業で、一番説明に困るのが、版木の彫る部分と残す部分が、紙にどう写るかということ。口べたのぼくとしては、なかなかうまく説明できない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/08 18:35
あきる野市の「雨宮玄」先生の研究授業に講師で行ってきました!
◯昨日は、東京都でも、最西部に位置するあきる野市に、雨宮先生の研究授業に講師で行ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/07 04:12
『初等教育資料6月号』(文部科学省発行)に図工がいっぱい!
◯『初等教育資料6月号』がでました。特集@自ら学ぶ子どもを育てる、特集A学習指導要領における指導のポイントです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/05 17:49
「想画教育ツアー」ピックアップ
◯今回、鈴石先生、穴澤編集長、水島先生の取材に同行させていただいていままでほとんど知らなかった「想画」教育について、見聞させていただく機会をいただきました。ありがとうございました。基礎的な知見が不足していますが、正確な判断はできませんが、想画についてのいくつかのメモを描き出してみると・・・・・・ (詳しくは『美育文化』誌9月号で報告があると思いますので、そちらをご覧ください) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/04 05:12
土曜日、日曜日は、山形へ「想画」教育の取材のお供です。
◯土日と、山形へ、「想画」教育の取材に同行します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/02 01:43
学習の流れを昨日と変えたら、すこしいい感じになった。
◯月曜日は「紙版画」の体験実習で、すでに、普通の一般の紙版画は、経験済みだと想定し、ノート型の紙をつくり、開いたり閉じたりできるようにし、何回も刷りながら、活動するやり方で行った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/30 02:22
内野務先生「万歩計35257歩と韓国訪問」
◯内野務先生から、更新記録報告。万歩計の。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/29 05:02
えっ、したことない?が多いけど。
◯あまり、現場にいた時のように、独自の題材をやるというよりも、大学では、担任や保育士になる学生なので、割とオーソドックスなものも、経験上した方が、いいかなと思い、「モダンテクニック」や「紙版画」もする時間をもうけている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/28 18:23
リニューアル『教育美術』最新号が届きました。デザイン一新です。
◯リニューアル『教育美術』(公益財団法人教育美術振興会)が届きました。デザイン一新で、たいへんすっきりしています。内容もかなり検討されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/27 06:10
ささやかに「内野務先生」を慰労する会
◯昨日は、トンギコの内野務先生がご退職されたので、墨田時代の石井弘先生も囲んで、弟子の会で、慰労会を行いました。(弟子と言ってもヒエラルキーはないのです)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/27 04:59
CCAA図工寺子屋講師に行ってきました。満員御礼ありがとうとございました!!
◯昨日は、CCAAに第2回図工寺子屋に行ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/26 04:26
明日、26日(土)SOY+(ソイプラス)のワークショプがあります。
明日、5月26日(土)CCAAにて開催です。 四谷三丁目にあるCCAAでワークショップを開催します。CCAAも元小学校を改装した建物で、前回の世田谷ものづくり学校に続き、学校でのワークショップの連チャンです!Tシャツ染めをしますので、是非ご参加下さいーー。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/25 04:11
お知らせ 【教職員向け】第6回工芸作品鑑賞研究会
◯工芸館の研修のお知らせが回ってきましたのでシェアします。以下、内容です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/24 21:05
「校歌」はその地と時代を表す。
◯先日、美育文化の「図工考現学」で、映画『絵を描く子どもたち』の舞台となった江東区第一大島小学校を訪問しましたが、そこで、校歌(昭和25年)の歌詞を目にしました、次のような歌詞です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/24 03:32
本日の大学での授業「モダンテクニック」を経験しました。
◯本日は、授業で、スクラッチ、マーブリング、フロッタージュなどの通称、モダンテクニックを行いました。机ごと、サラダバーのように巡回して、様々な技法の特徴を学びながら楽しみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/22 21:40
第1回「図工考現学」美育文化イベント
◯本日は、美育文化のイベントで、かの羽仁進監督映画『絵を描く子どもたち』の舞台となった江東区第一大島小学校を訪問しました。主人公の教師は大先輩の野々目圭三先生です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/20 21:49
NPO法人市民の芸術活動推進委員会(CCAA)のH24年度総会がありました。
◯昨日は、18時より、四谷のCCAAで総会がありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/20 05:49
役者魂&穴澤編集長の来襲!!
◯小生、うかつにも、風邪をひいてしまって、肩が上がらなかったのですが、授業がはじまると、どういう訳か、何事も気にならなくなり、授業に埋没。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/18 19:22
「美術手帖6月号」南育子先生実践掲載
◯今月号の美術手帖は、いつもより分厚い? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/17 11:16
来週から「国際芸術教育週間」です。
◯ユネスコでは、「国際芸術教育週間」を設定し、芸術教育の発展を国際的にアピールしているようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/17 10:20
CCAAサマーアートキャンプの打ち合わせ
※未確定部分がありましたので、内容を校正いたします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/15 04:19
保育士のタマゴたちもナカナカやります!
◯先日は5回目の授業でした。3分の1が終わりました。造形遊びから、少しずつ表す方向に入ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/15 03:54
「第16回図工だいすき子ども美術展打ち合わせ」&「教育美術振興会会議」
◯昨日は、ちょっと寒かったですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/13 03:39
女子大生がつくった「おじさんの顔」!
◯女子学生には「おじさん」はこんな風にみえるのでしょうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/12 01:41
FBのすすめ!
◯現在、Face Bookも参加中。先生方もどうぞ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/09 03:47
美術手帖5月号、現在、WEB公開中!
◯加藤真先生の「商店街」の実践も、見ることができます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/09 02:58
ゴールデンウィークも明け、授業がはじまりました。こんな風にしてます。
◯休み明け、学生さんたちはど〜かな、と思っていましたら、案外出席していました。よかったよかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/07 18:52
市川市吉澤ガーデンギャラリー「井上ひさし・安野光雅」展、ワークショップA
◯昨日のワークショップの続きです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/06 04:35
市川市吉澤ガーデンギャラリー「井上ひさし・安野光雅」展、ワークショップ。
◯本日は、閑静な緑の多い住宅街にある「市川市吉澤ガーデンギャラリー」でおこなわれている「井上ひさしと安野光雅」展のワークショップを行いました。2時間の長丁場かなとおもっていましたら、あっと言う間に時間がたってしまい、足りないくらいでした。でも楽しいひとときを子どもたちと過ごすことができました。ほんと「子ども」っていいですね。改めて思いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/05 21:44
『教育美術5月号』『美育文化5月号』発刊
◯教育美術誌と美育文化誌が手元に届きました。造形・美術教育の雑誌として永らく発刊されてきた本です。どちらも「公益財団法人」へ移行し、今後ますます、造形美術教育の発展に尽力されるのではないかと期待したいところです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/02 03:35
この草は食えるぞ〜!!
◯本日は、CCAAで会議があり、鈴石先生、水島先生、大澤さん、そしてあの穴澤編集長と会議を行いました。編集長は、ご丁寧に横浜崎陽軒のシューマイをお土産に持って来てくれました。ありがとうございます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/30 19:36
展覧会「井上ひさしと安野光雅 〜文学と絵画の出会い〜 」
◯安野光雅先生と井上ひさしさんの展覧会が開催されます。ぼくもワークショップで参加します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/30 06:00
「学べない人間」のための本棚?
◯昨日は、聖徳大学の美術教育研究室の会議と歓送迎会がありました。聖徳大学は、造形教育に力を入れており、専門の先生方も通常の大学よりも多く配置されているようです。横のつながりも持ち、協力体制のなか育成を図っています。その後、歓送迎会がありました。仲瀬先生、小泉先生、奥村先生、大成先生、四海さん、お忙しい中、ありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/28 05:37
小学時代の作品
◯屋根裏を掃除していたら、愚娘の小学生時代の作品が出て来ました。なかなかいいので、とっておいたら、ほこりを被ってしまいました。10年以上立ちます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/27 07:06
2012CCAA「図工寺子屋」が開催されます。申し込み受付中!!
◯本年度の「図工寺子屋」の要項が出来ました。皆さん、ぜひご参加下さい。(辻) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/26 14:27
題材(表現活動)を学習過程のなかにどう位置づけるかを、経験を通して学ぶ。
大学の授業も3回を終え、振り返ると・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/26 04:27
これぞ!「原こども」です!!
◯やっときました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/25 05:22
CCAA・BSS「サマーアートキャンプ2012」
◯本日は、CCAAで、本年度の「サマーアートキャンプ」の打ち合わせがありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/25 04:18
第3回目授業ー自然材を使ってー
◯今日は、自然材を中心にした活動です。日曜日、公園で集めて来たものを使いましたが、教師が集めて来たものばかりでは、セットなので、学生も、雨だったのですが、少し集めてから、はじめました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/23 19:47
退職された内野務先生もお元気そうでした!
◯昨日の岡田先生の講演会には、都図研で活躍された内野務先生(映画『トントンギコギコ図工の時間』の実践者)もいらしていました。 今年3月で、退職されました。長い間、お疲れさまでした。ぼくも新卒以来の30年に渡るお付き合いでしたが、岡田教科調査官も、現役時代は、内野先生と一緒に研究活動もされていました。 互いに刺激し合って、「腕」を磨いたのでした。思えば、人のつながりが、教師の技量を高めていったと考えられます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/23 03:54
文部科学省、岡田京子先生の感性豊かな講演会!!
岡田先生です。柔らかい感性としっかりした考えが、説得力を感じさせます。 観念ではなく、子どもの事実に基づいて話しているからでしょう。ここが、いわゆる「教育学」的、観念的な言説とはちがうところです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/22 20:16
早朝!材料採集生活!!
◯いつも早起きなのですが、今日は、近所の城北公園というところに、来週、大学の授業で使う「自然材」を集めにいって来ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/22 10:37
授業2回目。学生が変わると当然出てくるものがちがってきます。
◯今日は、松戸に2回目の授業。同じ題材をやっても、異なったものが出てきます。よく観察していると、その集団の雰囲気や人間関係が、けっこう大きく作用しているようです。子どもの授業でも、先生と子ども、子どもと子どもの関係性で、表現が変化してきます。題材の導入時の手渡し方でも変わってきますね。子ども(学生)との掛け合い問答(?)が、うまくいくといい感じに流れていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/20 18:26
授業2回目の3クラス目。
◯今日を授業をしてきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/17 21:33
大学の授業2回目。造形遊びをしました。
◯今日は、2回目の授業がありました。木切れを並べ、操作して活動する造形遊びです。実習の前に、「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」や「小学校学習指導要領」の話をしたら、少し固まっていました。ちょっと難しかったかな〜。現職の教員でも「学習指導要領」の話をすると固まりますから・・・。実習は楽しんでいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/16 18:55
アニメ遊び
◯今日は、あいにくの雨で外には出ず、手持ちのデジカメで、アニメをつくって遊んだのですが・・・・12秒のものをつくるのに、2時間かかりました。長いアニメは、すごい制作時間がかかっていることを実感しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/14 19:22
『美術手帖5月号』加藤真先生実践掲載。
◯美術手帖連載の「シリーズ:子どもと美術」も、2012年度の新しいクールに入りました。 年間のテーマは「子どものLife」です。トップバッターは、加藤真先生。加藤先生、都図研の中堅の先生ですが、鈴石先生の弟子らしく、子どもを中心に据えた図工を展開しています。 「造形」というものの捉え方が、マニュアル化しつつある昨今、改めて子どもを見つめ返してはどうでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/14 18:33
お初の授業をしてきました
◯昨日は、お初の「図画工作T」の授業をしてきました。1回めはオリエンテーションで、お話だけでは、つまらないので、いつでも、どこでもそうなのですが(ワンパターンですみません!笑い)、スペシャルスライムをつくって実習もしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/14 05:14
「岡田京子先生教育講演会」のお知らせ
◯都図研でも研究を牽引された文部科学省の岡田京子先生の講演会が、下記の要領で開催されます。ぜひ、都図研の皆さんも駆けつけて、お話をうかがいましょう!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/13 17:59
お初の授業してきました。
◯本日から、非常勤を勤めます。今日は、はじめての授業なので、どんな学生さんがくるのかと思っていましたら、たいへん積極的な学生さんたちでした。15回楽しくできそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/09 18:53
教育美術振興会で会議がありました。
◯本日は、午前から夕方まで、移転した浅草橋の教育美術振興会の会議に出かけました。朝から夕方まで、びっしりという感じで疲れました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/08 20:51
市川こどもアートクラブ作品展&ワークショップ
◯本日は、市川こどもアートクラブのワークショップがありました。新2年生から新6年生まで楽しく活動できました。よかったよかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/07 18:58
公益財団法人市川市文化振興財団「市川こどもアートクラブ作品展」準備しました。
◯本日は、本八幡にある市川市文化会館で、昨年度おこなった「市川こどもアートクラブ」の作品展の会場準備をしました。ほぼ二人でやりました。作品数がそんなに多くはないので、時間はかからないかなと思ったのですが・・・けっこうたいへんでした。でも、無事、展示できました。森学芸員さんのがんばりのおかげです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/06 17:48
大学授業準備&H24年度「美術手帖連載」シリーズ子どもと美術打ち合わせ
◯本日は、いい天気でしたね。昼間は、準備。いよいよ来週から授業をします。かつてがわからないので緊張しますね(笑い)。夜は、CCAAで、H24年度の美術手帖の連載の授業打ち合わせ。鈴石先生、高橋会長、保田さん、伊部さん、森泉さん、田村先生、伊藤貴光先生、増田先生、室先生、河原先生、杉山先生、お忙しい中、ありがとうございます。年間のテーマは「子どものLIFE」です。造形の向こう側にみえる子どもの生に着目した実践をめざします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/06 00:36
嵐の中の美育文化編集会議
◯午前中は、それほど天気は悪くなく、行っていなかった墓参りに。掃除を済ませそそくさと帰宅。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/04 06:32
聖徳大学&幻のレーザーディスク!!
◯昨日は、聖徳大学の非常勤の教員の説明会がありました。相当数の先生方が集合していました。聞くところによると、卒業生全体の就職率も90%を超え、志願者数が、定員をかなり上回る人気だそうです。(先日別のところで聞いたのですが、某企業の今年の若干名の募集に何千人も書類の応募があり、それもかなり高学歴の学生さんが応募してくるのだそうです。こういうのを実際に聞くと就職難であることを実感します)。女子大でもあり、かなりきめの細かい指導をされているようです。もうすぐ授業がはじまりますが、どんな学生さんたちでし... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/02 03:57
寺島洋子さん(西洋美術館)の放送大学での講義がはじまります。
◯柴崎先生より連絡があり、都図研がたいへんお世話になっている国立西洋美術館の寺島洋子さんが、放送大学で講義をされることになりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/01 05:32
濱脇先生はチェンバロの名手!!&加藤貴子先生が帰国しました!
◯昨日は、所用があり、「濱脇みどり」先生のコンサートにはうかがえませんでした。すみません!!! 濱脇先生は、美術の先生でもありますが、チェンバロの名手でもあります。多才な方です。バロックの室内楽を演奏する姿は、きっと優雅でしょうね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/30 04:42
横内先生のお引っ越し!!!
◯本日は、新宿の横内克之先生の学校に、鈴石先生とでかけました。横内先生は、今年異動なので、荷造り、片付けの真っ最中です。けれども、腰の具合が、かなり悪そうで、ぼくたちも少しばかりお手伝いしました。まあ、おじさんたちも腰は弱いので、そんなにはかどったわけではありませんが・・・(苦笑い)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/28 18:46
「都図研活動報告書」梱包、発送しました!!
◯今日は、所用ついでに、「報告書」の発送作業があると聞いていたので、平田理事長の学校に立ち寄ってみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/27 19:30
「帝京大学」&「図工だいすき子ども美術展」
◯昨日は、八王子の帝京大学に説明会に行きました。丘陵を切り開いた大きなキャンパスで、なかなか眺めの良いところです。教育学部が教育学科から新設されました。来年度、非常勤でお世話になります。美術の専門ではない学生さんに図工の楽しさを体感してもらいたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/27 07:56
『ビッグイシュー日本版』の表紙にジョン&ヨーコ
◯友人の横山由起子先生が、『ビッグイシュー日本版』(2010年版)を送ってくれました。表紙は、ジョンとヨーコ!小生たちが「ジョン・レノン眼鏡クラブ」をつくったと知っての故でしょう?(笑い) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/23 23:37
元文部科学省視学官:西野範夫先生のインタビューがありました!!
◯本日は、まず昼より、美育文化の理事・評議委員会がありました。いろいろ討議をおこない、結構時間がかかりました!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/22 23:36
白木蓮と卒業式
◯今年は、東京では寒い日が続きます。(朝の散歩には少々、寒いです) 例年、近所の白木蓮が咲きだすころ「卒業式」がおこなわれていました。だから、ちょっと今年は遅いのです。が、いよいよ小学校も卒業式ですね。図工の先生方も1年間、お疲れさまでした。なんというか、卒業式というのは、最も時間の流れを感じさせる行事かもしれませんね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/22 08:58
自家製ママレード&FaceBookをはじめました!!
◯愚妻が手づくりのママレードをつくりました。友人とつくりあって取っ替えっこをしているようです。自然のものなので、味は素朴です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/21 21:22
「似ている?A」&「教育美術振興会評議委員会」
◯本日は、教育美術振興会の評議委員会に出かけました。場所は、蔵前から移転して柳町に変わりました。浅草橋駅から徒歩6分。公益財団法人への手続きも順調で、新年度から移行することになりました。今後も、造形美術教育にお力添えをいただければと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/20 20:01
「似ている??」(ジョブズのメッセージ、Stay hungry.Stay foolish.)
◯「きぼうの手プロジェクト」で、スタッフの先生方とお会いした時、柴崎先生が、「パイク」と呼んでいる若い先生がいて、なぜか聞くと「ナム・ジュン・パイクに似ているから!」と返事が返ってきました。ナルホド、よく似ています(笑い)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/19 06:06
『美術手帖4月号』中村隆介先生実践掲載「特集:草間彌生」
◯『美術手帖4月号は、中村隆介先生の身体性を駆使した「凸凹絵画」の実践が掲載されました。中村隆介先生というと、内野務先生とならんで、「アート」という言葉を図工の指導に定着させた方です。たいへん緻密な計算と計画で、授業を構成していることが授業をみていると、よくわかります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/18 06:37
吉本隆明さんご逝去、実現しなかったインタビュー
◯確か、高校2年生(1971)のとき、「現国」の授業で<「言語」とは何んですか?>という質問をされた。教師は、東大の院生さんで、非常勤の先生だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/16 23:22
「スカイツリー」に一番近い小学校に「美術手帖」の取材に行きました。
◯墨田区の図工名人、南先生の学校に「美術手帖」の取材で訪問しました。名人といっても、たんにうまい絵を描かせるのではなく、子どもを自分自身の表現に誘う、という意味です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/15 19:14
地域の図工部の研究紀要&最近は図工専科を採らなくなって来ている??
◯昨年、講師にうかがった関係で、江戸川区の図工部の研究紀要を担当の餅先生より送っていただきました。ありがとうございます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/15 05:16
「美術手帖」加藤真先生の授業取材に行って来ました。
◯本日は、北区に加藤真先生の低学年の授業取材に行って来ました。商店街を訪問し、交流しながらの図工の授業です。雨のため2回順延しましたが、本日、無事に行うことができました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/13 22:39
「第50回都図研南多摩大会報告書」をご送付ありがとうございました。
◯南多摩大会より「大会報告書」を送付していただきました。ぼくも、シンポジウムに参加させていただきたいへん勉強になりました。ありがとうございました。この50回記念大会をみてもわかるように、毎年、少しずつさまざまな経験が積み重なって、今日の図工教育が形成されてきました。そこには、多くの先生方の努力があったのだと、改めて感じます。南大会を実施され、実現された皆様ありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/12 21:21
CCAA美術手帖企画会議
◯本日は、朝4時頃、雪がちらついていました。そのうちに、雨に変わりましたが、なかなか天候が安定しませんね。11時より、CCAAにて、『美術手帖』(シリーズ:子どもと美術)の企画会議を行いました。皆様、お休みの中ありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/10 21:52
台東区の図工部より研究紀要を送っていただきました。
◯鈴石先生のブログで「ネグリさんは不人気みたいだ。ブログ訪問者が激減したぞ!でも、メゲナイゾ。あと2回だ。」なんていう言葉が出ていました(笑い)が、ネグリの話は、ぼくは面白いと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/09 20:03
聖徳大学に見学&アートモニュメント
◯昨日は、松戸にある聖徳大学 http://www.seitoku.jp/univ/child_studies/index.shtml に見学にいきました。来年度より週1回、非常勤でお世話になります。図工室などを見せていただいたり、学内を見学させていただきました。 仲瀬先生、北沢先生、四海さん、お忙しい中、ありがとうございました。聖徳大学は、仲瀬先生のお力もあり、教員養成の図工にたいへん力をいれている大学であると思いました。近年、講義だけですませてしまう大学も多いと聞き及びます。現場に立つ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/09 06:44
『美育文化3月号』
◯『美育文化3月号』が発行されました。特集は「世界児童画展」です。新任の頃、こうした海外の作品を見せていただいて、方法、主題、文化の違いなどを、自分の指導と比較して参考にさせていただきました。とても勉強になったことを思い出します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/08 07:02
文京区教育研究発会、図画工作部発表の講師に行ってきました。
◯本日は、文京区の図工の研究発表会の講師ででかけました。文京区は昨年まで勤務していた区で、協力体制のある雰囲気の良い図工部でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/07 21:26
お知らせ 『きぼうのて』プロジェクト TAMA・hacchi同時開催展覧会2012
◯きぼうのてプロジェクトの荒先生より、ブログの連絡がきました。柴崎先生たち一行が、八戸に出かけた時の様子です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/07 06:55
SOY+(ソイ・プラス)のワークショプのお知らせ
■日時:2012年3月24日(土)・25日(日) 10:30〜12:30 ■場所:トリスカフェ/toris cafe 練馬区小竹町1-58-2 ■対象/定員:小学生以上/各日12名(先着順) ■参加費:2500円(材料費・ワンドリンク代込み) ※ワークショップに使用するTシャツをお持ち込みいただいた方は500円引きとなります。 ■参加方法:希望日、人数、電話番号、参加者全員の氏名・年齢を明記の上、下記連絡先までお申し込みください。Tシャツを持参されない場合は、ご用意しますのでTシャ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/06 19:22
めがね2
本日は、東京ドームホテルで「全法連」の審査結果の発表をしてきました。世の中には、いろいろな知らない世界があるものです。むしろ知らないことの方が全然多いのではないでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/06 03:16
めがね
本日は、所用で、玉ちゃんこと、玉置先生にお会いしました。「ジョン・レノン眼鏡クラブ」の昆虫局長です。眼鏡は、本日は緑のものをしていましたが、ジョンレノンモデルも最近、購入したそうです。クワガタ博士でもあります。名誉会員の水島教授の要請もあり、夏には、昆虫採集にクラブで行く予定?です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/04 20:32
「第71回全国教育美術展表彰式」&「謝恩会」&「子ども美術展フォーラム」
◯昨日は、「第71回全国教育美術展表彰式」&「謝恩会」&「子ども美術展フォーラム」の三つかけもちで、バタンキューでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/03 07:39
安野光雅の絵本展(板橋区立美術館)
◯本日は、板橋区立美術館に「安野光雅の絵本展」にいってきました。平日でしたが、結構混んでいて、人気があるのだなと、改めて思いました。けれども、最近の若い人はあまり知らないのかも知れません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/01 21:40
『教育美術3月号』特集:美術教育と日本の伝統文化
◯『教育美術3月号』が届きました。特集は「美術教育と日本の伝統文化」です。学習指導要領でも「美術文化の継承と創造への関心を高めるために,作品などのよさや美しさを主体的に味わう活動や,我が国の美術や文化に関する指導を一層充実する」(解説P3)と図画工作科改訂の基本方針の中で述べられています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/29 10:01
もうすぐ春が
◯2月も末です。いよいよ3月ですね。今週あたりは、図工専科の先生は「成績」の締め切りかな? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/28 07:30
新刊!『子どもが生み出す絵と造形』
◯穴澤編集長から、幼児の造形教育の本の情報がありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/26 06:47
CCAA子ども図工室最終回
5歳児でも、個別指導しながら、安全、切り方、クランプの活用、木の太さなどに留意すると立派に切れます。やった〜という喜びが生まれます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/25 14:49
美大の卒展
◯本日は、散歩で江古田にいきました。すると、ちょうど日大芸術学部のデザイン学科の卒展をおこなっていたので、のぞいてみました。楽しく創作する感じが伝わってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/24 20:33
「きぼうのて」プロジェクトの展覧会お知らせ
◯柴崎裕先生より、連絡がきました。「きぼうのてプロジェクト」についてです。 本プロジェクトは、昨年、震災にかかわる授業支援プロジェクトとしてはじまり、大船渡市立第一中学校と多摩市立豊ケ丘小学校の児童たちが「きぼうのて」をテーマに、写真で作品制作を行い交流をはじめたものです。 今回、3月に多摩と八戸で展覧会を同時開催するそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/23 06:47
墨田区に新任研修の講師に行きました。
◯本日は、墨田区の新規採用1年目の先生のところに、授業の講師ででかけました。「だんだんだんボール」という題材で、段ボール箱を活用しての「造形遊び」の授業でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/21 22:28
日印子どもの絵展インド展のBSニュースと記録
◯無事に名古屋から帰宅しました。鈴石先生、スタッフの皆様、板野先生をはじめ名古屋の先生方、ありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/19 21:09
校内展見学&図工だいすきフォーラム(こどもの城)
◯昨日は、文京区の新人の星先生の展覧会と目黒区の中堅の金子先生の展覧会をみたあと、こどもの城の図工だいすきこども美術展のフォーラムに行って、皆さんの実践発表と討議に参加しました。 雪もちらつく寒さの中、皆さんがんばりますね〜!図工が大好きなのでしょう(笑い)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/18 08:37
美術手帖3月号ー内野務先生実践掲載「ふれあい広場」
◯「ふれあい広場」は、内野務先生の実験の集大成とも言える「行事」です。その実験とは、図工を学校の教育課程に位置づけて、実践する事です。並大抵の腕力ではできません。それを現実化し、継続するという事が、どんなにたいへんであるか、現場の先生は、痛切に実感すると思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/17 07:00
個展6日目 いよいよラスト2
◯本日は、肌寒く寒い日でしたが、雨の中、東良先生、岡田先生、奥村先生、大下社長をはじめBSSの皆様、小学校の同級生のマンポー氏、シゲピン、道本先生・・・の皆様がご参観くださいました。ありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/14 21:17
教育の「目標」と「目的」?
◯「教育の目標はあるが、目的がないですね」という話があって、あまり考えたことが無かったので、とまどいました。というか・・・通常の意味で、書けないものだと思っていたからです。 次のようなたとえ話があります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/13 10:52
造形遊びは消費者教育か?
◯ある研究会で、「造形遊びは消費者教育だ」という話がでたそうです。その研究会に参加していないので、どういう文脈でその言葉が出たのかわからないのですが、こうした言葉に接するのは、これがはじめてではなく、何回も聞いたことがあるので、気になるのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/13 06:56
個展3日目「ミニフォーラム・交流会」
◯個展3日目。昨日は「ミニフォーラム」「交流会」がありました。小さな画廊でしたが、満杯の参観者で熱気あふれた楽しいフォーラムとなりました。ありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/12 07:19
本日ミニフォーラム&交流会あります!!
◯3時30分よりミニフォーラムがあります。テーマは「表現者としての教育者」です。いっぱいやりながら楽しく語り合います。 17時からは、交流会です。都図研の「いまここバンド」(本間先生、室先生、池田先生、田村先生)のゴージャスな演奏を楽しめます。 お気軽にお立ち寄りください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/11 06:26
個展初日
◯本日は、個展の1日目でした。昼間はひまでしたが、夕方には、いろいろな方に参観していただきました。ありがとうございます。  前東近美にいてお世話になった藤田さん、八王子の森山先生、教育美術振興会の入沢さん、また、BSSの大下社長様からお花が届きました。ありがとうございます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/09 20:44
第13回ひつじニュース「宮川淳、紙片と眼差しとのあいだに」1974年刊行
辻 政博 個展  Tsuji Masahiro Exhibition 2012. 2. 9(木) 〜 2. 15(水)12:00 ~ 18:00 (最終日は、17時まで) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/07 15:08
第11回ひつじニュース「えっ!空耳??」
辻 政博 個展  Tsuji Masahiro Exhibition 2012. 2. 9(木) 〜 2. 15(水)12:00 ~ 18:00 (最終日は、17時まで) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/06 15:10
個展の「ミニフォーラム」の資料
◯個展のミニフォーラムのコーディネーターをしていただく穴澤編集長から、資料を送っていただいた。テーマは「表現者としての教育者」。久保貞次郎『児童画の世界』(1964年)と那賀 貞彦氏「美術教師よ! アプレギャルドたれ―なにを守るのか」の資料に着目し、話を進めるようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/06 04:31
CCAA「日印こどもの絵の国際交流」準備会
◯本日は、CCAAで「日印展」の準備がありました。18日(土)19日(日)と、鈴石先生と名古屋まで出向いてきます。300点の作品を白いケースに入れましたが時間がかかりました〜!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/04 21:48
「ジョン・レノン眼鏡クラブ」シンボルマーク決定!!
◯シンボルマークが決定致しました。白黒版はTシャツに採用致します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/04 11:11
Sara・散歩・編集長と
◯金曜日ですね。一週間、皆様、お疲れさまでした。インフルエンザが流行っているようです。学校もたいへんでしょうね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/03 22:37
第12回ひつじニュース
シンボルマーク校正案 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/03 15:04
ジョン・レノン眼鏡クラブ シンボルマーク製作!
<シンボルマーク>(案) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/02 23:07
第10回ひつじニュース
辻 政博 個展  Tsuji Masahiro Exhibition 2012. 2. 9(木) 〜 2. 15(水)12:00 ~ 18:00 (最終日は、17時まで) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/02 00:03
第9回ひつじニュース
※朝3時に起きて、帰宅して、午前1時頃やっているので、メロメロな感じです(笑い)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/01 06:13
第8回ひつじニュース
◆『図工室にいこう2〜アートがつくる子どもの未来〜』(美術出版社刊)。とっても素敵な本ができました。 http://www.amazon.co.jp/dp/4568504678/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1324475450&sr=1-1 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/30 22:49
市川アートクラブ(低学年)の講師に行ってきました。
◯今日は、市川アートクラブ(低学年)にいってきました。低学年は、素直な反応でたいへん楽しいし、すばらしいです。 90分で、仕上げるということが、頭にあり、どうしても導入で、「説明」「指示」が多くなるようです。でもみんな楽しくできました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/29 22:15
第7回ひつじニュース「むし」
◆『図工室にいこう2〜アートがつくる子どもの未来〜』(美術出版社刊)。とっても素敵な本ができました。 http://www.amazon.co.jp/dp/4568504678/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1324475450&sr=1-1 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/28 21:40
CCAA図工寺子屋今年度最終回!時任先生講演。
◯本日はCCAAで、図工寺子屋の最終回が、開催された。講師は時任勝先生。時任先生は、現在、全国造形教育連盟の事務局長をされており、たいへん多忙な方でもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/28 00:23
東京国立近代美術館「ジャクソン・ポロック展」先生のための鑑賞講座
◯教師のための鑑賞プログラムが、東京国立近代美術館で開催されます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/27 06:39
第6回ひつじニュース「ジョン・レノン眼鏡クラブ規約改正」
ジョン・レノン眼鏡クラブ 規約(改正版) (名称) 第1条 本会は、「ジョン・レノン眼鏡クラブ」と称する。 (目的) 第2条 楽しくイマジンすること。 (事業) 第3条 暇をみて「楽しくイマジンすること」に関して諸活動を行う。 (入会資格) 第4条 @ジョン・レノンモデルの眼鏡を着用し、本会の趣旨に賛同する者。 A違うタイプではあるが、眼鏡を着用し、本会の趣旨に賛同する者。 B眼鏡をしないが、本会の趣旨に賛同する者。 C年齢、性別、職業、国籍等は、問わないが、本会の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/26 10:52
平成24年度東京都教育研究員図画工作科研究発表会のお知らせ
1、日時:平成24年2月7日(火) 午後1時35分~午後4時45分(受付開始:午後 1 時 15 分) 2、会場:江戸川区立 第三松江小学校 〒132-0021 江戸川区中央 4 丁目 13 番 1 号 TEL:(03)3653-5348 3、最寄り駅:JR総武線新小岩駅 徒歩 14 分(新小岩駅よりバスで江戸川高校前下車後徒歩 5 分) 4、= 研究主題 = 「児童の感じたことや考えたことを大切にした指導の工夫による豊かな学びの創造」 5、公開授業 「発想や構想の能力」「... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/25 04:54
第4回ひつじニュース
◆ミノオカ リョウスケさんのHPは、下記のアドレスです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/24 22:01
お知らせ「奥村先生授業」
◯奥村高明先生が、相模原の小学校で、図工の授業を行います。奥村先生というと、昨年度まで、文部科学省の教科調査官としてご活躍されました。都図研の60周年記念授業でも、針金の授業を実践していただきました。ありがとうございます。ご覧になりたい方もたんさんおられると思いますが、よい機会ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/23 11:39
「市川こどもアートクラブ」に行ってきました。
◯日曜日は、久しぶりに「市川こどもアートクラブ」の講師にでかけてきました。2ヶ月以上、間があいていたので、少し緊張しました(笑い)。 けれども、正味90分ぐらいで、子どもたちは自分なりの作品をしあげました。ほんと子どもってすごいですね。市川の吉澤ガーデンギャラリーの森さん、お世話になり、ありがとうございました。来週もがんばります。今日は、中・高学年。来週は低学年です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/22 16:57
CCAA「寺子屋」横内先生講師&三人娘の展覧会
◯土曜日は、雪のなか、午後は、展覧会まわり、夜は、CCAAの図工寺子屋に出向きました。 たいへん寒く、天候が悪いので、人が集まらないかと思ったら、ぞくぞくと皆さん集まり、熱気あふれる会となりました。講師は、横内先生。実技と講話を混ぜながらのお話でした。きちんと筋道をたてて図工を考えていくことが、長い目で見て、指導の向上につながると感じました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/21 18:06
第2回ひつじニュース 鈴石弘之著『六年間のいのちの軌跡』
◆『図工室にいこう2〜アートがつくる子どもの未来〜』(美術出版社刊)。とっても素敵な本ができました。 http://www.amazon.co.jp/dp/4568504678/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1324475450&sr=1-1 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/20 13:22
「美育文化協会・世界児童画センター」訪問。
◯本日は、草加に移転した「美育文化協会」と「世界児童画展センター」に取材を兼ねて、訪問しました。近年は、文化事業の予算が削減される傾向がありますが、ちょっと、遠いですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/19 16:15
足立区図工部研究授業講師に行ってきました。
◯本日は、小生の古巣でもある足立区に講師に行ってきました。「家族だんらん」という題材で、3年生の授業でした。面白い視点からの造形活動でした。「机」を囲んで、みんなで話し合いながら、表したいもの(だんらんの様子)を思い付き、粘土の可塑性を生かしてつくっていくものです。さらに、机のまわりに設置しながら、つくるものを思いついていきます。「A表現(2)の立体に表す」と、互いにそれらを見ながら話し合いながらつくる、「鑑賞」と一体化した活動と言ってもいいようなものでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/18 23:23
「美術手帖」中村隆介先生授業取材&「いまここバンド」出演決定!!
◯本日は、美術手帖の取材で、中村隆介先生の授業を訪問しました。テクスチュアーを存分に生かした4年生の授業の1回目でした。導入は、子どもの興味関心や授業への方法やねらいが極めて的確に、行われていてうなりました。また、子どもを子ども扱いしないで、堂々と対面し、話をする姿が、たいへん印象的でした。受け答えする子どもも立派でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/17 23:08
「美術手帖2月号」シリーズ子どもと美術:平田耕介先生実践掲載。
◯今月号の「美術手帖」に、都図研理事長の平田耕介先生の版画の実践が掲載されました。平田先生は、今年度から、理事長に就任され、都図研の運営を行っています。最近やせた感じで、心配ですが(都図研の運営は重労働です)、今年もあと2ヶ月あまり、がんばってください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/16 18:24
第1回ひつじニュース「美育文化1月号」
※美育文化協会HP http://www.biiku.jp/index.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/15 20:50
CCAA「子ども図工室」
◯本日は、CCAAで「こども図工室」がありました。題材は「ポケットからいろいろなものがでてくる」というもの。導入時に、子どもにイメージを喚起する発問ではじまりました。 ポケットは、「コーヒーのフィルター」です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/14 18:24
「台東区、三人娘の展覧会」&「床屋さんに行きました!」
◯いつもお世話になっている、張り切りギャルの堀江先生、豊永先生、城重先生の展覧会のご案内をいただきました。いずれも、20日前後です。今頃、チョー悪戦苦闘している頃かと思います。怪我をしないようにがんばってください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/13 22:45
品川区曽根先生研究授業に行ってきました。
◯本日は、品川区の曽根先生の研究授業の講師でした。ぼくが墨田区にいた時の後任で、もう20年以上のお付き合いになります。当年49歳だそうです。若いですね。知らなかったです(笑い)。久しぶりの研究授業ということで、力が入っていたようです。 曽根先生のよいところは、やさしく子どもに接するところですね。ぜんぜん威圧的ではないのです。大学では心理学が専攻だったそうです。 今日は1年生10名の授業でしたが、なかなか絵を描きださない子が数人いて、曽根先生は、子どものそばに行って励ましていました。 題材の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/12 00:19
曽根ちんの研究授業&本間先生の「はなまる先生」
◯曽根先生こと、曽根ちんの研究授業だ!とばかり、指導案を読んだり、資料やデジカメを充電したりと、準備し、学校までのいく道をネットで調べ準備し、出かけようとすると愚妻がひとこと「研究授業って、いつやるの?11日(水)とかいてありますよ」・・・??「今日は何日?」「10日です」「wo~~~~~!」「明日ではないですか。危ない危ない」品川まで出かけるところでした。明日伺います。曽根さん、がんばってね! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/10 23:10
『美術のちから 教育のかたち』上野浩道著、春秋社&ファックス買っちゃいました!
◯久しぶりに上野浩道先生の本を手に取りました。現在のように、マニュアルばかりがはやる造形教育の現状の中で、「トータルな人間形成」に着目する人は少なくなりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/09 00:13
こどもの城「図工だいすき子ども美術展第1回フォーラム」その3。
「残像クロッキー」ってなに?(笑い)。ガンちゃんは、話が面白いですね。いつの頃からか・・・そんな昔からではありません。年期を重ねて自信も生まれて来た頃からかな。題材研究の方法は、自分の方法論を確立してフットワークがよいです。題材の方法論ではなく、題材探しの方法論がいいですね。ガンちゃんは、教育より人間が大切と言い放ちますが、一方で、かなり教育的です(笑い)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/07 10:45
こどもの城「図工だいすき子ども美術展第1回フォーラム」その2。
横内先生のお話です。現在の教育の状況からご自分の、指導について傾聴すべきいいお話です。また、都図研の指導にもつながる話が穴澤編集長から補足されました。編集できずに長くなってしまいましたが、ぜひ聞いてみてください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/07 04:05
こどもの城「図工だいすき子ども美術展第1回フォーラム」その1。
◯昨日は、こどもの城で「図工だいすき子ども美術展第1回フォーラム」がありました。約30名の方が参加し、熱い話し合いとなりました。が、時間の関係で、若い先生たちの話が短くなってしまいました。今度は、もっと話しを聞きたいです。第2回目フォーラムは、同じくこどもの城造形スタジオで18:30からです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/07 02:23
岩崎先生と郷さんからのメール
◯今日は、夕方から「こどもの城」で図工だいすき子ども美術展のフォーラム(実践検討会)があります。何人くらい集まるかな? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/06 14:39
「ひつじCafe」2011年度現状報告
<2011年、本ブログへの月ごとのアクセス表> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/05 07:35
「図工だいすき子ども美術展」フォーラムが明日あります!!
◯いよいよ年が空け、「図工だいすき子ども美術展」も、H24年度の活動にむかっての動き出します。 H23年で、15回の記念展を終え、新たな方向を模索することになった「図工だいすき子ども美術展」は、年末の反省会で、メンバーの中から、作品研究会を行いながら組織づくりを行うという提案がなされ、3回のフォーラムを行うことになりました。また、こどもの城で、事業を展開してきましたが、このご時世です、事業仕分けなども行われていますので、さらに意欲をもって展覧会を維持していかないと、運営も難しくなってきています... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/05 06:25
大晦日!何だか今年も忙しかったなあ〜??
◯今年は、砂漠で砂に埋もれている予定でしたが・・・横ちゃんの「ブログ続けなさい」との命令があったので、砂漠には行けませんでした(笑い)。鈴石先生や穴澤編集長や水島先生や都図研の皆さんなど、いろいろな皆様に声をかけていただき、力足らずですが、なにごとかを一緒にすることができました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/31 16:26
近頃「美育文化」「教育美術」の二誌が面白い!!
◯「美育文化」と「教育美術」の二誌が届きました。我が国では、この二誌が、造形教育を専門に語る唯一の雑誌です。美育文化、穴澤編集長の奮闘は、このブログでもお伝えしていますが、「教育美術」も、このところ内容が充実してきています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/30 13:11
歳末特別付録「いまここバンド」演奏など
◯極秘ルートで、「いまここ展」の交流会の映像を、Uさんより入手しました。真剣に活動した後の交流会は、ホント楽しかったですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/29 09:07
「一年間の成果は美しい」&「ミュンヘンの美女たち」
◯ベランダにあったレモンの木に一個だけなっていた実が無事収穫されました。長い時間をかけて個々まで大きくなりました。いや、立派です(笑い)。もったいなくて食べられませんね!しかし、食べなくてはいけません。何にして食べるか?飲む人は、お酒に入れるかな。確か、愚娘によると、モロッコ料理にレモンを使ったものがあるらしく、それに致しましょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/28 21:41
CCAA「いまここ」展公開協議会&トヨダヒトシ上映会「白い月」&交流会
◯「いまここ」展の公開協議会の助言者として参加しました。参加者が各自、ご自分の指導や作品ついて話し、検討する会です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/28 09:58
明日は「いまここ図工みらい展」がありますね。
◯そうそう明日、CCAAで、若者たちの「いまここ図工みらい展」がありますね。ぼくも話し合いに参加させてもらいます。楽しみにしています。14時からです。お時間ある方、ぜひ参加してください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/26 21:19
国立教育政策研究所『評価規準の作成,評価方法等の工夫改善のための参考資料』【小学校 図画工作】
◯文科省より冊子が届きました。『評価規準の作成,評価方法等の工夫改善のための参考資料』【小学校 図画工作】です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/26 14:57
都図研忘年会(新宿にて)
◯昨日は、都図研の忘年会でした。4月から高橋・平田体制があらたにはじまりました。お疲れさまでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/24 07:45
光のものがたり
◯日頃、あくせく動き回っていると、見えてこないものもあります。明け方、ぼーっとしていたら、光と影の面白さに、ふと、気付きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/23 10:10
トイレ・ギャラリー!?
◯もしかして、今日は二学期の終業式みたい。お昼過ぎ、子どもがたくさん下校していたので、気付いたのでした。皆様も、二学期お疲れさまでした。帰京される方も多いでしょうね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/22 21:48
つ、ついにできました『図工室にいこう2〜アートが生み出す子どもの未来〜』!!
◯ついに『図工室にいこう2〜アートが生み出す子どもの未来〜』(美術出版社)ができあがりました。2008年から「美術手帖」に連載したものの総集編です。とても素敵なデザインに仕上がりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/21 21:22
CCAA「いまここ図工みらい展」〜子どもの絵を見つめて〜12/27(火)〜 1/9(月)はじまります
◯若手の先生方が、自主的に、子ども作品展を企画し、開催するそうです。若手の研修・研究というと、ほぼ「伝達講習」型のものが多いように思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/21 07:42
第15回図工だいすき子ども美術展報告書・フォーラム開催します&「美術手帖1月号」
◯横内先生から、「第15回図工だいすき子ども美術展」の報告書をいただきました。かなり忙しい中、きちんとした報告書を作成していただきました。15回展は記念展で、たいへん充実した内容の展覧会となりました。こうやって報告書をみると振り返りができます。ありがとうございます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/19 21:27
「アトリエ・コパン」講演とワークショップ&CCAA「大忘年会」!!
◯アトリエ・コパンの新妻健悦さんの講演とワークショップが、CCAAでありました。熱心な先生方が、詰めかけ、集中して活動していました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/19 00:54
CCAA「アトリエ・コパン、ワークショップ、講演」、「こども図工室」、「忘年会」!!
◯CCAAで明日、アトリエ・コパンのワークショップ、講演会があります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/17 21:07
都図研南多摩大会スナップその2
全体会場の後ろからみるとこんな感じです。いっぱいですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/17 16:46
都図研南多摩大会スナップその1
◯昨日は、多摩センターで、都図研南多摩大会が開催されました。多くの参加者がありました。南多摩の先生方、お疲れさまでした。50回を記念するに、ふさわしいすばらしい大会でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/17 07:43
第50回都図研南多摩大会前日準備
◯今日は大会前日準備。豊ケ丘小学校は、人でいっぱい。いよいよ本番ですね。2年間の研究成果の発表の場です。でも、カチコチにならず、楽しくやりましょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/15 22:44
いよいよ第50回都図研南多摩大会(多摩市立豊ケ丘小学校)です!!
◯明後日、16日(金)は、「東京都図画工作研究大会」が、多摩市立豊ケ丘小学校で開催されます。50回を数えますので、都図研は、半世紀に渡って、地道に授業研究を行ってきたわけですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/14 23:25
「アトリエ・コパン」が東京にやってきた!!
◯震災で被災した石巻から「アトリエ・コパン」が、魂を運んで東京にやってきました。新妻健悦、悦子夫妻の指導作品の全貌を見るまたとない機会です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/13 21:46
インド報告7 〜まとめ〜
◯インドでは、野良犬が生きている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/13 08:22
インド報告6 〜観光2〜
観光2日目。デリー駅6時15分発の列車です。デリー駅は、早朝にもかかわらずごった返しています。客引き、車夫、タクシー、乞食、子どもの物乞い・・・・すごい雑踏、喧噪です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/12 15:48
インド報告4 〜朝の散歩〜
◯ぼくは早起きなので、ツインルームの鈴石先生にはご迷惑をおかけしました。3時には目が覚めてしまい、タバコを吸いに玄関先に出て、本などを読んでいると5時になります。 部屋に戻ると物音で鈴石先生も起きてしまいます。そこで洗面をして、近所を散歩します。なにもかもが目新しいので面白いのでした。鈴石先生は、独特の嗅覚で、散歩していました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/11 13:23
インド報告3 〜シンポジウム・開会式・パーティ〜
ぼくはシンポに参加しました。テーマは「造形教育と環境」です。けれども、インドは、一歩外にでると、聖と俗、貧と富・・・の極めて両極端な世界が混在し、しかもうごめいている世界なので、日本で環境を語るのとは、まったく異なることが判明しました。道ばたを歩けばそれはわかります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/11 10:17
インド報告2 〜ワークショップ〜
一階のホールに、障子紙を敷き詰めました。ここに墨で描いていきます。「テーマ何にしましょうか?」「ガンジスでどう?」「おお、ナルホド!!」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/11 00:50
インド報告1 ー展示ー
◯「日印子どもの絵交流展」を開催し、インドから帰国しました。インドははじめてでしたが、猥雑なエネルギーにあふれた活気のあるものすごい国でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/10 23:53
インド ワークショップ無事、終了しました!
○携帯がつながらないため、ジャパンファウンデーションのパソコンから入力です。 墨絵のワークショップ、無事に終了しました。インドの中学生たちはたいへんすばらしく、よい活動となりました。鈴石先生の導入もよかったです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/06 17:24
ゆず湯に入って、インドに行こう!
◯さていよいよ本日よりインドに向かいます。「日印子どもの絵展」をデリーで開催します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/04 06:28
インド前日&チャリティ展カタログ発送
◯明日のインド行きの準備をしています。ぼくは早起きなので、普通は3時頃目が覚めてしまいますが、鈴石先生と相部屋なので、そうもいきません。 しかし、それでも、5時か6時には、起きてしまうでしょう。そこで、必需品がコーヒーとタバコです。が、お店はまだやっていないでしょう。そこで、携帯電気ポットを購入しに池袋に行ったのでした。 愚娘によれば、「丸井」横のキャンプ用品にあるんじゃん。ということで行きましたがありません。「東武デパート」はでかいやつのみ。「西武」もでかいののみ。しつこくロフトの旅行用品... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/03 17:05
CCAA「図工寺子屋」が閑古鳥!でも、なかなかよかったな〜!!
◯今日は、CCAAで「図工寺子屋」がありました。ところが、はじまって以来の閑古鳥?・・・でも楽しい本来の研究会ができました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/03 08:02
CCAAでインド行きの荷造りしました。
◯今日は、かなり寒かったですね。風邪引いてしまいますね。気をつけてください。午後から、CCAAで準備をしました。インドは、「秋」で、もう少し暖かいようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/01 22:21
「日印こどもの絵交流展」出発が近づいてきました&CCAA「図工寺子屋」2日金曜日。
◯先日は、都内某所で会議がありました。 今週は、CCAAで「日印こどもの絵展」の荷造り作業(12月1日)と「図工寺子屋」(12月2日)そして、4日日曜日には、インドへ出発です。帰国は、10日(土)になります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/28 07:07
CCAAこども図工室&平田理事長展覧会
◯本日は、CCAAでこども図工室がありました。鷲尾先生、矢木先生のお手伝いをしました。今日の題材は大きな画面の共同の絵です。楽しい公園をテーマに描き始めました。すると・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/26 23:27
『図工室にいこう2』ただいま最終校正に突入!12月24日発売予定!!
◯本日は、午後より、神保町の美術出版社で『図工室にいこう2』の校正がありました。かなりいい本になりそうです。表紙もかなりいい感じです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/25 21:52
「内野務先生:美育インタビュー」&東京ギンガ堂「女優X」観劇
◯本日は、内野務先生と野中真理子監督のインタビューにうかがいました。雑誌「美育文化」1月号、特集トンギコワールドのための取材です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/25 06:18
第71回全国教育美術展審査会(お茶の水女子大学付属小学校)
◯今日は、第71回全国教育美術展審査会がお茶の水女子大付属小学校でありました。 全国から、いろいろな皆さんが集まって、子どもたちの力作を選びました。選ぶことは、責任がともなうので、自分としても、自分の心にいろいろなことを問いかけながらの活動となります。すごい勉強になります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/23 21:13
市川こどもアートクラブ(公益財団法人市川市文化振興財団主催)に行ってきました。
◯今日は、市川にワークショップに行ってきました。10時〜12時ですが、製作時間は正味1時間ちょっとです。今日は低学年の部でしたが、木のブロックタワーを楽しく集中してつくりあげました。低学年らしい、いい感じの活動になりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/20 18:00
大畑先生・雨宮先生・二葉(旧姓=八木)先生の展覧会
◯昨日の玉ちゃんの展覧会で、大畑先生がやっているという噂を聞きつけ、早速行ってきました。 「技のデパート」と言われる大畑先生は、同じ題材は2度しないので有名です。今回もいろいろな新しい題材が開発されていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/19 21:48
玉置先生の展覧会
◯昨日は、講師の後、間に合いそうなので玉ちゃんの校内展覧会を見に行きました。19時までだったのでよかったです。(パンフレットを見ると、19時まで開催となっていたので、講師のあとに来れました。管理職の理解が必要ですが、働く親御さんにとっても助かると思います。) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/19 05:23
大田区での研究授業の講師に行ってきました。
多摩川のそばにある閑静な住宅地の小学校です。中心街から少しずれたこういう学校の子どもたちは、たいてい素朴でいい感じです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/19 04:36
「美術手帖12月号」辰野先生実践掲載・CCAA「会議」・こどもの城「図工だいすき子ども美術展」
◯15時から、CCAAで、インドの子どもの絵画交流展を実施するための会議がありました。ビザの申請書類も提出し、だんだん実感が出てきました。12月初旬は、インドのデリーに行きます。向こうは、乾期で一番よい季節だそうです。ぼくは、お腹に注意しないといけません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/18 00:04
玉ちゃんの展覧会はスゴそう〜!!
◯玉ちゃんこと、玉置一仁先生の校内展が、金曜日、土曜日に開催される。ブログをみていると、玉ちゃん全開!スゲ〜という感じです。ありとあらゆる方法を駆使して活動する熱い姿が見えてきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/17 08:52
文京区に「鑑賞」の研究授業の講師ででかけました。
◯今日はとても寒い日でしたが、いい天気でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/16 20:56
オキナワスズメウリや審査やオキナワスズメウリやレガス図工クラブなど
◯今日は朝から、CCAAで昨日の続きの審査です。ずっと審査していると、腰と背中にダメージがあります。伸びをしながらの審査です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/15 21:32
CCAA「絵の具なないろ」(幼児の造形教室)&「世界児童画展一次審査」
◯午前中は、鈴石先生と愚妻で、幼児の造形教室をやっています。ぼくは、午後からの審査をおこないました。午前中の作品をみせてもらうと、「円」の発見以前の幼児のスクルブルがみられました。Mくんは、Kくんより少し年下です。こうした行為をたくさん繰り返すことでやがて「円」の発見と「命名」の段階を迎えます。まだ、それは、「地と図」が分化していない、全身的な行為としての描画です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/15 00:31
公益社団法人日本美術教育連合主催「造形・美術教育フォーラム2011」(武蔵野美術大学新宿サテライト)
◯本日は、新宿の「武蔵野美術大学新宿サテライト」で、公益社団法人日本美術教育連合主催「造形・美術教育フォーラム2011」が開催されました。 コーディネーターは、 水島尚喜先生(聖心女子大学) 講師は、 東良雅人先生(文部科学省教育課程教科調査官) 高橋香苗先生(東京都図画工作研究会会長) の方々でした。東良先生も高橋先生も今年4月から着任で、新鮮な顔ぶれでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/13 21:36
「CCAA子ども図工室」&「柴崎先生AND辰野先生展覧会」のはしご!
◯昨日は、午前中CCAAで「こども図工室」。午後は、柴崎先生、辰野先生の校内展の参観を行いました。お二人とも円熟の境地で、若い先生方をリードする存在になりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/13 04:48
演劇「女優X」(東京ギンガ堂公演)&校内展覧会のお知らせ(平田耕介理事長・瀬在恵里先生)
◯「都図研」と「東京ギンガ堂」で「佐藤慶太郎プロジェクト実行委員会」を立ち上げ、2012年にイベントを企画しているようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/11 22:21
『絵本の事典』(朝倉書店)ついに発刊!!&「震災チャリティ展カタログ編集作業」
◯『絵本の事典』(朝倉書店、編集中川素子、吉田新一、石井光恵、佐藤博一)が出版されました。本邦初の絵本に関する事典です。ぼくも執筆させていただきました。けれども、ずいぶん昔に書いたままだったので、わすれていましたが、昨日「リーフレット」が家に届いていました。「あっ、ついにでたのか!」という感じです。「事典」をつくるというのは、たいへんな作業です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/11 07:05
「世界児童画展」国内の部、第1次審査に行きました(CCAAにて)!
◯本日は「世界児童画展」の国内の第一次審査がありました。全国から作品が集まってきます。ものすごい数です。手分けして審査にあたります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/10 22:06
墨田区の研究授業の講師に行ってきました。
◯昨日は、墨田区の研究授業にいきました。授業者は、3年目の濱端美穂先生。若い女性の先生ががんばっています。ぼくは、墨田に新卒で行ったので、たいへん懐かしいです。その頃の図工部はとてもいい感じでしたが、今もその雰囲気が残っていて、図工部の研究体制は、ほんわかしていい感じです。部長は、都図研で副会長、研究局長をされていた南育子先生です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/10 07:33
「教育美術展」第一次審査会
◯本日は、蔵前で「教育美術展」の審査会がありました。山本文彦画伯(日本藝術院会員)とぼくの二人で行いました。結構たくさんありましたが、教育美術振興会の方々の助けも合って時間的には余裕をもって終了しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/08 23:28
校内展のお知らせ(玉置一仁先生)
◯玉置先生の展覧会が開催されます。これまで培ってきた造形的な仕掛けを全開するような玉置先生の渾身の展覧会の感じです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/08 08:52
アトリエ・コパン「B言語 秘密を捜す子どもたち アトリエ・コパンの実践」展が開催されます。
◯石巻、<アトリエ・コパン>の新妻健悦・悦子ご夫妻から展覧会のお知らせが届きました。ありがとうございます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/07 19:58
市川市文化振興財団「こどもアートクラブ」に行ってきました。
◯今日は久しぶりに市川で「こどもアートクラブ」がありました。 前回が「絵」だったので、今回は「木」を使いました。短期決戦です。時間に制限がある中、指導者としては、心配なのですが、夢中で取り組んで、全員、楽しい作品に仕上がりました。子どもってほんとにすごいですね。できるだけ教えないように設定するのがコツです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/06 21:29
バタバタです。
◯昨日は、大阪での所用をすませて東京に無事、帰ってきました。 メールを開くと、「文字化け、再送してください」など、もろもろのメールが入っていました。また、『図工室にいこうU』の原稿が郵送されて来ていました。校正しないと・・・。 また、今日は、市川市で午前中「こどもアートクラブ」があります。久しぶりなので、どうでしょうか?天気は残念ながら、悪そうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/06 06:40
校内展覧会のお知らせ(雨宮玄先生)
◯今年、あきる野市に移動した「雨宮玄」先生から、お便りが来ました。異動してはじめての展覧会は、緊張しますね。すごい田舎の学校で、子どもたちは、のびのびしています。BTの取材で伺った時も、炎天下なのに元気いっぱいでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/04 13:10
校内展覧会お知らせ(辰野美奈子先生)
◯(最後の原人?)「辰野美奈子」先生の校内展覧会のお知らせがきました。 BTの取材で3回も辰野先生の学校方面にうかがいました(1回は授業すっぽかし)。金属の立体の授業でしたが、なかなかスゴイ作品(授業)でした。お若い女性の先生方には、すごく参考になると思います。 遠方ですが、オススメです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/03 20:19
校内展覧会のお知らせ(伊藤理一郎先生)
◯展覧会のご案内が自宅に郵送で来ました。新人の伊藤先生からです。ありがとうございます。今月末からなので、今は、バタバタでしょうね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/03 10:09
『美育文化11月号』中沢新一さんインタビュー!
◯「美育文化11月号」が届きました。今月号もがんばりました。中沢新一さんのインタビューをはじめ、さまざまな方々の力の入った論文、レポートが掲載されています。美術教育の現在を知るために必要な一冊です。また、都図研関係では、柴崎裕先生の「きぼうのて」プロジェクトやミュンヘンの加藤貴子先生のレポートも掲載されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/01 14:25
内野務先生「ふれあい広場」は、スゴイ!!
◯本日は、「美術手帖」の取材を兼ねて、内野先生の学校に「ふれあい広場」という造形イベントを参観しにいきました。全校児童参加で、全員がつくったものを通して、ふれあい、遊び、交流するのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/28 22:01
いよいよ校内展覧会シーズンかな!!
◯そろそろ11月です。学校では、校内展覧会の季節になってきました。 玉置先生のブログを見ると、展覧会で、かなり題材がそろってきている感じが伝わってきますね。玉置先生の熱気が伝わってきます。でも、いつやるのかな?時間が合えば、参観したいですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/28 00:10
保育園で「お絵描き」をしてきました!!&デモ2(宮台真司さん)
◯今日は、武蔵野市の保育園に「お絵描き」の指導のボランティアをしてきました。 三歳児だったので、どんな感じかわからなかったのですが、なかなかたいしたもので、お話もよく聞けましたし、材料や用具も楽しみながら使えました。もちろん「お絵描き」も、のびのび自由に遊びました。絵の具の感じを体で感じながら、描くのが楽しいのです。 この時、大人は、この描くという行為が、何か指示されたものをそこに描き表す行為であると思い込んではいけません。絵の具そのものを楽しみ、そこから生まれる行為を楽しむことが大切です。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/24 14:13
ユニセフ調査「孤独な日本の子ども」&CCAA「子ども図工室」「絵の具なないろ」
◯今日は、CCAAでこども図工室がありました。なんとも子どものものをつくる姿はよいものです。しかし、最近は、土曜日も授業をする学校が増えてきているので、来られない児童が増えているようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/22 15:55
午前中は「美術手帖」取材(荒川、河野先生)&午後は美術館・都図研連携鑑賞教育研究研究局公開授業へ
◯本日は、午前中は、荒川区の河野先生の学校に、「美術手帖」の取材に出かけました。 川越市立美術館の田中晃さんがゲストティチャーで、「鑑賞と表現を一体化」させた授業実践です。川越市美術館の作品の複製を鑑賞しながら、さらに、それを表現の活動に結びつけていく実践です。今日は、そのはじめのところです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/21 01:01
<お知らせ>内野務先生「ふれあい広場」&「造形・美術教育フォーラム2011」
◯「トン・ギコ」の内野務先生の学校で子どもたちの「ふれあい広場」という子どもたちの造形活動を通したイベントが開催されます。内野先生も再任用が本年で終了となりますので、最後のイベントになりそうです。まだ見たことのない方は、お見逃しなく。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/19 19:04
「美育文化11月号」原稿「きぼうのて」プロジェクト入稿原稿編集作業!!
◯本日もまた、穴澤編集長とデートです。遊ぶときは遊びます。が、仕事もきちっとやります。やるときは、やるのです(エヘン!) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/18 23:18
『美術手帖11月号』高橋香苗会長実践掲載&「きぼうのて」読売新聞多摩版に掲載。
◯『美術手帖11月号』に都図研高橋香苗会長の実践が掲載されました。「泥んこ」を主たる材料とした題材です。身体感覚を動員しながらの造形活動です。現代っ子には、貴重な体験ですね。 詳しくは、『美術手帖11月号』をご覧ください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/16 09:27
台東区図工研究会の講師にいってきました。
◯本日は、台東区の図工研究会の研究授業がありました。授業者は、池田仁美先生。子どもの活動も面白かったですが、身振り手振りで、全身全霊で導入する池田先生の思いが、子どもに伝わる授業でした。まだ4年目、これからが楽しみな、少し荒っぽいところもありますが、パワフルな授業でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/12 23:13
「手の巧緻性」って何?
◯質問がきました。「手の巧緻性」って、何ですか?というものです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/12 06:16
『図工室にいこうPrat2』(美術出版社刊)の取材をCCAAにておこないました。
◯本日は、CCAAで、『図工室にいこうPrat2』の取材が、2本ありました。ひとつは、「座談会」で、鈴石元都図研会長、辻前都図研会長、高橋現都図研会長の三人での話し合いです。もうひとつは、CCAA主催の「こども図工室」で、こちらは鷲尾先生(元都図研副会長)、矢木先生(元都図研会長)の図工のワークショップです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/08 17:22
「美育文化」誌の編集会議がありました。
◯本日は、雲一つない秋空でしたね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/08 00:24
「日印こどもの絵の交流展」の会議がCCAAでありました。
◯本日は、CCAAで、17時から、「日印こどもの絵の交流展」がありました。 ・会期:2011年12月6日(火)〜12日(月) ・場所:国際交流基金ニューデリー日本文化センター     絵画展ー「岡倉天心ホール」     ワークシップ・シンポジウムー「タゴールホール」 ・主催:日印こどもの絵展実行委員会(主管:NPO法人国際教育情報交流協会) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/06 22:00
八王子の辰野先生授業「美術手帖」取材&本間先生「図工室にいこう2」インタビュー
◯今日は昨日に引き続き八王子まできました。実に遠いですね(笑い)。 辰野先生の金属の題材の2回目の取材です。今日は完成をめざします。6年生の全体の様子を見ていると、みんな一心不乱に活動に取り組んでいて、すばらしいです。作品もなかなか面白いものができてきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/05 21:42
今日は、辰野先生の「美術手帖」の取材です。・・・ところが!!!
◯本日は、いい天気でしたね。八王子の辰野先生の第2回目の美術手帖の取材です。金属の題材をおこなっていたので、どんな風になったか楽しみでした。 駅で10時過ぎに、ライターの伊部さんとカメラマンの川瀬さんと待ち合わせをしました。ぼくは家からだと2時間近くかかりますので遅刻は厳禁です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/04 21:56
搬出「第15回図工だいすき子ども美術展」ありがとうございました!!
◯午前中は、オババと近所を散歩しました。すっかり秋の感じになってきましたね。オババもたった4日間の仮入院でしたが、ややぼけ気味で、環境の及ぼすものは、老人にはけっこう大きい感じがします。震災で被災された高齢者の方は、ほんとうにたいへんだということが、推察できます。行政には、はやく環境を整えて欲しいものです。 道ばたを歩いていると秋の花がけっこう咲いていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/03 05:46
こどもの城「図工だいすき子ども美術展フォーラム」講演「はたよしこ」さんは、とてもよかったです!!
◯本日は、こどもの城のフォーラムで、講師に「はた よしこ」さんをお招きして、最近盛んに取り上げられている「アウトサイダーアート」について、作品や作者をもとに、お話をうかがいました。日頃、健常者の図工にかかわっている者としては、たいへん興味深いものでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/01 20:30
「都図研研修会U」のシンポのコーディネーターに、港区まで出かけてきました。
◯本日は港区の小学校で、「都図研研修U」がありました。授業者は中村隆介先生と南育子先生。百戦錬磨の先生方であり、指導力の高さで著名なお二人です。そのせいか、約200名近くの参観者があり、会場がにぎわいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/01 05:49
我が家の工事&都図研研修局研修会
◯狭小、おんぼろ我が家は、二階の床にビー玉を置いておくと、ころころ転がってしまうのでした。どうも、家の中心のところに「柱」がなく、ゆがみの原因かもしれないということが発覚し、柱を入れることになりました。このため、オババは、数日仮入院です。あれやこれやと、騒がしいです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/28 09:56
岡田京子先生対談(『図工室にいこう2』)『あの日から』(しりあがり寿)『日本の大転換』(中沢新一)
◯昨日は、神保町の美術出版社で『図工室にいこう2』のための対談を行いました。対談者は、岡田京子先生(文部科学省教育課程課教科調査官)です。超ご多忙の中、出席していただきました。ありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/27 02:39
鷲尾流!(CCAAこども図工室)
◯本日は、CCAAで「こども図工室」がありました。連休で少ないかな?と思っていましたが、結構たくさんきていました。 それにしても、朝はやや肌寒く「秋」でしたね。空も雲ひとつありませんでした。おかげで、ぼくは風邪ひいてしまったようです。お腹が痛かったです。皆様も、寒さにご注意を。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/24 20:45
こどもの城「図工だいすき子ども美術展」&「きぼうのて」プロジェクト岩手県でも展示!
◆第15回図工だいすき子ども美術展 ・会期:2011年 9月13日(火)〜10月2日(日) ・会場:こどもの城 1Fアトリウムギャラリー ・入場無料 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/23 22:08
江戸川区の図工研究会の講師に行ってきました。
◯昨日は、江戸川の図工研究会の研究授業の講師にでかけました。東京都現代美術館での鑑賞をはさんだ、学校での事前・事後授業の研究です。積極的な研究の姿勢を感じさせるものでした。授業者は、ベテランの磯野先生。ベテランが率先して活動することで、若い先生方の研究が開いていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/21 04:00
大盛況!!「寺島洋子さん(西洋美術館)ギャラリートーク」&「指導者によるレクチャー」@こどもの城
◯10時過ぎから、約40名弱の参観者の中で、ギャラリートークがはじまりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/19 04:14
『美術手帖10月号』シリーズ子どもと美術に雨宮玄先生の実践が掲載されました!
◯美術手帖の10月号に雨宮先生の実践授業が掲載されました。雨宮先生が、あきる野の方に異動してからの実践です。取材に同行しましたが、東京とは思えないような田舎の雰囲気のある地域の学校でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/18 06:47
明日、寺島洋子さん(西洋美術館)のギャラリートークがあります。午後は指導者によるレクチャーです。
◯明日の日曜日は、第15回子ども美術展のギャラリートークがあります。子どもの作品を通して、どんな風に行えばよいかのヒントになると思います。 学校の展覧会が近い先生、また、鑑賞指導に困っている若い先生は、ぜひご参加ください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/17 16:15
都図研震災P「きぼうのて」関係で、多摩市の柴崎先生の学校へでかけました&三遊亭圓生「百年目」
◯昨日は、多摩市の柴崎先生の学校に、震災プロジェクト「きぼうのて」に関して、二つの取材、「図工室にいこう2」(美術出版社)と雑誌「美育文化」(公益法人美育文化協会)の取材で、でかけました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/17 05:42
目黒区の図工研究会研究授業の講師に行ってきました。
◯昨日は、目黒区の図工の研究授業の講師にでかけました。「アルミ缶」をなました材料をもとにつくる活動でした。温度によって、アルミ缶は、独特の質感を帯びます。約300度だと、飴色、もっと高温だと白っぽくなるそうです。(約400本の缶を集める協力体制はいいですね。毎晩、ビールもたくさん飲んだようです<笑い>) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/15 06:00
「美術手帖取材」高橋香苗先生〜ドロンコ授業〜&ジョージ秋山「ばらの坂道」(青林工藝社)
◯江戸川の高橋香苗先生の学校に2回目の授業取材にいきました。「土」を使った題材の2回目の授業です。今日の土は、さらに、パウダー状の細かい土で、感触がだいぶ異なるようです。 先週の経験を生かしながら、さらに、2回目ということもあり、土がもつ「量感(ボリューム)」にかかわりながらの表現活動です。 たんに感触を楽しむだけでなく、そこから、生まれてくる質感や量感、形態が、自分の思いと重なりながら、展開していくところが、ポイントです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/13 10:23
震災授業支援「きぼうのて」プロジェクト全作品「岩手県:萬鉄五郎記念美術館」展示が決定!
◯かねてから、実施中の震災授業支援「きぼうのて」プロジェクトで製作された東京の児童の写真作品と大船渡の中学生の写真作品の全作品が、岩手県の萬鉄五郎記念美術館で展示されることになりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/12 05:06
「市川こどもアートクラブ」に講師にいってきました。
◯今日は、昨日の今日で、少し眠かったですが、早起きしてでかけました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/11 16:34
CCAAで「子ども図工室」&こどもの城で「第15回図工だいすき子ども美術展」搬入
◯午前中は、CCAAで、「子ども図工室」のお手伝いです。こちらは、後期がはじまりました。鷲尾先生、矢木先生、鈴石先生と一緒に指導します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/11 06:16
美術手帖取材:辰野先生の金属彫刻の授業はスゴイ!!
◯一人の図工の先生がいて、何十年も授業をしながら、思い描いた子どもの活動の姿を引き出す題材を設定するために、さまざまな試みをおこないます。 今回の金属を使った題材・授業は、辰野先生が25年かかって到達したライフワークと呼べるような題材です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/10 07:17
今日は、美術手帖の取材で、八王子の(もしかしてアンジェラ・アキ似の)ガンちゃんの学校に行きます。
◯今日は、辰野美奈子先生・・・通称「ガンちゃん」のところに、美術手帖の取材に行きます。ガンちゃんというあだ名は「岩」のような人という意味かと誤解されています(笑い)が、そうではなく、旧姓の「岩堀」の「岩」から来ています。誤解が多いようです(笑い)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/09 05:35
公益財団法人「美育文化協会」理事・評議委員会&古今亭志ん朝
◯7月に「公益財団法人」の認可がおり、美育文化協会の第1回目の理事・評議委員会がありました。・・・とはいうものの、公益法人としての独立性も要求され、また、経済不況のあおりもあり、運営自体が縮小傾向を示しているのは否めない状態です。図工・美術教育を活性化するためには、「美育文化協会」などの法人の活動は、抜きにしては考えられないと思います。多くの企業や皆様の応援や協賛、ご支援を得ながら、活動を進めるしかありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/08 18:56
豊島区の図工研究会の講師に行ってきました。
◯昨日は、晴天の中、豊島区の図工研究会の研究授業に出かけました。授業者は、今年4年目の三宅暁子先生。たいへん落ち着いた口調で、子どもたちと接していました。子どもたちもたいへん素直で活発な中学年らしい子どもたちでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/08 04:54
「美術手帖」の取材で高橋香苗会長(江戸川)の学校に行きました。
◯本日は、高橋香苗都図研会長の授業を「美術手帖」の取材に同行し参観しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/06 18:04
雨の日は。「相合い傘」。
◯台風がくるなど、天気がすぐれず、家にこもっています。家にこもっていると、ついネットなどをみてしまいます。特に「原発」関係の情報をみていると、そこには利権がからみ、被災者やそこに住む市民のために報道や施策がなされていないことに、驚愕します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/06 05:41
「市川こどもアートクラブ」の講師と「もうひとつの素朴展」に行ってきました。
◯本八幡の市川市文化会館で「市川こどもアートクラブ」の講師をしてきました。これは「市川市芳澤ガーデンギャラリー」の森綾子学芸員さんのコーディネートによるもので、今日がその第1回目でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/05 04:29
颱風(たいふう)&メディア・リテラシー
◯大型台風が、四国に上陸し、大きな被害を与えているようです。東京も強風、強い雨などに見舞われた土曜日でした。今日は、どうでしょうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/04 05:22
『美育文化9月号』特集:知性と感性の造形教育&『教育美術9月号』特集:佐武賞Uが発刊されました。
『美育文化9月号』〜特集:知性と感性の造形教育〜 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/01 23:26
高田馬場にある学校に講師にいってきました。
○本日は、高田馬場の学校に校内研究の図工の授業の講師で出かけました。昨日と同じ新宿区内でもだいぶ雰囲気も子どもの感じも異なります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/31 19:27
都図研「自主ゼミ」の研究授業の講師にいってきました。
○本日は、本間先生の学校で「都図研自主ゼミ」(経験年数10年までの図工の先生のための研究組織)の研究授業があり、講師に行ってきました。(本間先生は、昨日、岩手県の奥州市で研究授業をおこなってきたので、たいへんでしたね。すごいスタミナです。) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/30 23:02
震災プロジェクト、一夜明けて。
○柴田先生、長田先生、柴崎先生、池田先生、河原先生、大船渡の中学校の生徒さんたち、また、本間先生をはじめ、後方支援の皆様たち・・・多くの皆様のご理解、ご協力で、柴崎先生を中心としたこの「きぼうのて」プロジェクトは、この2日間を無事、活動することができました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/29 08:37
新宿に無事到着しました。
○ぼくは途中で寝てしまいましたが、気付くと新宿についていました。ぼくとパンク池田先生はここで降りました。柴崎先生とパイク河原先生は、さらに、八王子方面に向かいます。安全に帰宅ください。ありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/29 00:24
休憩です。
○少し眠くなってきました。アイスクリームをまた食べている人もいます(笑い。でも眠気防止です)。 。もうすぐ東京です。運転のお二人は、疲れが出てきているようです。ありがとうございます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/28 21:51
事故渋滞です。
○那須高原あたりで事故渋滞です。到着は遅れる模様です。運転はパンク池田先生です。安全運転でいきます。ちなみに「パンク」は、パンクロックからきています(笑い)。スキンヘッドが特徴です。実は、今回の参加のなかで、みんなから付けられたあだ名となりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/28 21:11
パーキングで休憩!
○仙台あたりのPAで休憩。アイスクリームがうまいです!東京まで、あと、五時間ぐらいでしょうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/28 18:57
東京へ!
○食事をすませ、一関を出発します。はじめの運転は、パイク河原先生です。けっこうとばしや?安全に帰りましょう(笑い)。11時頃、新宿かな? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/28 16:59
「きぼうのて」授業終了しました、
○パソコンルームで昨日とった写真から各自一点選び、作品にするデータをつくりました。 子どもたちは、いろいろ考えながら、選んでいました。かなり考えるので選ぶのに時間がかかります。最後に鑑賞しながら感想などを述べ合いました。一人一人の実感のこもった表現となりました。 柴田先生、柴崎先生、パンク池田先生、パイク河原先生ありがとうございました。また、生徒さんたちにも感謝したいです。 たいへん充実した、新鮮な時間を過ごすことができました。 これから東京に車で向かいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/28 14:04
震災授業支援「きぼうのて」プロジェクト二日目
○昨日は、第一中学校の生徒たちと短い時間ですが、中味の濃い時間を過ごすことができました。 はじめて会う子どもたちとの授業は、とても緊張します。 柴崎先生もほっとしていたようです。また、パイク河原先生とパンク池田先生の支援なしではできなかったでしょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/28 06:29
陸前高田市によってから一関に向かいました。
○こういう場にたつとやはり言葉がでません。ふと地面をみると花を植えている方もいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/27 18:29
第1日目「きぼうのて」プロジェクトの授業、無事終了しました。
○打ち合わせをし、中学生がやってきました。自己紹介をして柴田先生の挨拶と柴崎先生の導入で授業がはじまりました。 写真をとり鑑賞しましたか、かなり興味深い活動的となりました。写真によって現実を切り取るとき、そこに意味が生まれます。生徒自身が、その意味をどのように受け取り、また、意味付けていくかが、活動の根幹となるようです。 パイク河原先生がバックアップをとって、明日の続きとなりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/27 16:56
大船渡第一中学校に到着しました
○中学校の柴田先生とスタッフで打ち合わせと準備です。パイク河原先生と池田先生がすごい動きがすばやいです。ありがたいですね。 首都大学東京の長田謙一先生も合流しました。午後からワークショップになります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/27 12:13
陸前高田市を抜けました。
○この辺りは、流されてしまって、なにもないのっぺらな感じです。空がやけに美しいのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/27 11:56
大船渡に出発です。
○パイク河原先生と柴崎先生の運転で出発します。天気はよいです。ぼくは、池田先生に同乗です。安全にいきましょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/27 08:03
朝飯です
○朝飯です。七時はんに出発前します。ちなみに、パイク河原くんは、ナムジュン・パイクからきているそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/27 06:49
越後屋でおちあいました!
○やっと一関に到着し、柴崎先生、池田先生、パイク河原先生に合流しました。みんなすでに出来上がっていて上機嫌です(笑い)。 でも明日のことは、話し合っていたようです。明日は早いので寝ましょう!おやすみなさい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/27 01:10
チャリティー展覧会無事終了!ありがとうございました!
○チャリティー展覧会が終了しました!!皆さまのご協力で後片付けもきれいにすみました。 作品交換も皆さまのお力添えですすみ、義援金が想像した以上に集まったようです。ありがとうございます。とてもうれしいです。 いやむしろ、こうして協力してささやかな活動ができたことに喜びを感じます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/26 20:37
「チャリティ展」本日終了&震災プロジェクト「きぼうのて」で大船渡に行ってまいります。
○本日、チャリティ展終了となります。多くの皆様のご協力、ご支援で、展覧会が実施できました。ありがとうございました。本日17時まで開催です。 また、「作品交換」にも多くの方が参加していたき、ささやかですが「義援金」も拠出できたようです。今年、12月あたりをめやすに、あらためて、事務局より、ご報告差し上げたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/26 05:59
パシフィコ横浜「全教連」展示会ワークショップの講師に行ってきました。
○昨日は、第1回先生方のための教材EXPO(全国教育材料連合会主催)のワークショップに講師で参加させていただきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/24 03:35
都図研・CCAA「東日本大震災チャリティ展」皆様の協力で、いよいよはじまりました!!
○震災以降、東京都図画工作研究会では、いくつかのプロジェクトを考え、おこないつつあります。本チャリティ展覧会も、多くの皆様のご賛同を得て、実施にこぎつけることができました。 図工の教師は、3・11以降の社会の変化の動きに鈍感であってはならないでしょう。たんに技巧的な作品をつくるのではなく、それこそ、ほんとうの意味でのイメージの力(想像力)が大切なのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/23 04:29
都図研「東日本大震災チャリティ展」前日準備。いよいよ明日、搬入・オープニングです。
○明日からの都図研「東日本大震災チャリティ展」に備え、18時から、CCAAに、事務局の室先生、城重先生、池田先生、堀江先生、豊永先生+本間先生が、集まり,下準備をしました。ホント、エライですね! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/21 23:33
いよいよ明日から、都図研「東日本大震災チャリティ教職員展」です!!皆様よろしくお願いします。
○明日は、いよいよ東京都図画工作研究会・CCAA主催の「東日本大震災チャリティ教職員展」です。午前中に搬入し、午後からオープンになります。ささやかですが、身近でできることをするのがいいですね。わずかかもしれませんが、義援金を拠出できればと思います。また、図工関係者の方々にも、震災復興への意識が高まるきっかけになればよいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/21 11:45
「BSS打ち合わせ」&「川瀬一絵写真展の初々しい感性」&「美術手帖『図工室にいこう』第2弾へ発進!」
来週の展示会ワークショップに向けて「教材研究」するお二人。BSSの図工室。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/20 04:20
千葉県君津地方研究会造形部会の講師に行ってきました。
○本日は、千葉の袖ケ浦に「講演会」にでかけました。はじめ「講演」のみの予定でしたが、簡単なワークショップも材料を準備して行いました。話だけは、つらいですし、体感があって、はじめて「理解」も成立するように思うからです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/18 18:54
「教育美術評議委員会」&「チャリティ展、水島先生もできました。エッ!来週、ダライ・ラマに会いに!」
○本日は、蔵前で、教育美術振興会の評議委員会がありました。一般財団法人から公益財団法人へと、多くの財団が、移行しつつあるようです。美育文化協会も同じです。わかりにくいですが・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/17 22:35
22日から「東日本大震災チャリティ教職員展」があるので作品つくっています!
○チャリティ展の作品をつくりはじめました。はじめは、水彩にしようかと思いましたが、やはり、力を入れて、がんばることにしました。そこで登場したのが、25年前に買った「半・工業用ミシン」。まだ使えます。当時、作品をつくるために買いました。今回は、久しぶりの登場です。 しかし、目が衰えて、針の先に、なかなか糸が通りません(トホホ)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/17 00:02
『美術手帖9月号』<特集:オノ・ヨーコ>&<連載:子どもと美術「読めない本」山田先生実践掲載>です。
○『美術手帖9月号』<特集:オノ・ヨーコ 希望の力>が届きました。 オノ・ヨーコさんは、この度「ヒロシマ賞」を受賞されました。 「オノ・ヨーコ」というと一般には、「ジョン&ヨーコ」と連想される方が多いのではないかと思います。また、一方で、世界的なコンセプチュアルアーティストでもあります。現在、「平和」を象徴するにもっともふさわしい存在でしょう。ちょっと見に行きたいですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/13 12:12
「東京芸術大学<先端Prize2011>展」&「美術教育専門誌の停滞を阻止したいですね」
○東京藝術大学に「先端芸術表現科」というのがあります。それが設立されたのは、それほど遠くありません。時間的意味を示すだけでなく「様々な周辺に広がる縁(へり)という意味なのだ」と佐藤教授はそのDMで述べられています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/12 06:06
美術教育雑誌『美育文化』に連載中の「図説 子どもART学」第2回目の原稿を徹夜で書きました。
○空が明るくなりました。今日は、「美育文化」協会の評議委員会と9月号の編集会議があります。新しく連載させていただいている「図説 子どもART学」の原稿も夜明けとともに、一応できあがりました。(ほっ〜) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/11 06:25
「第36回日本美術教育研究会」のワークショップの講師にでかけてきました。
○市ヶ谷の「アルカディア市ヶ谷」(私学会館)に「第36回日本美術教育研究会・夏の研究会」のワークショップの講師で行ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/10 02:42
「第51回関東甲信越静地区造形教育研究大会新潟大会」2日目の分科会の助言者で参加してきました。
朝5時20分頃、家を出ました。群馬あたりは、ものすごい雨です。ところが・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/05 20:49
「はたよしこ」氏講演会<於:第15回図工だいすき子ども美術展フォーラム>
○「第15回図工だいすき子ども美術展」を青山の「こどもの城」で開催します。今回で15回目の記念展となります。(9月13日(火)〜10月2日(日)) 「フォーラム」では「はたよしこ」さんをお呼びし、記念講演を開催します。担当の南育子先生から、内容の連絡がありましたので、お知らせします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/04 20:18
千葉県夷隅(いすみ)市造形研究会に講師に行ってきました。
○今日は千葉県の夷隅市に講師にでかけました。午前と午後の一日研修でしたが、楽しい活動となりました。ここの研修会で、すごくよかったのは、午前と午後の先生方の「雰囲気」が、がらりとかわり、自分自身でつくる楽しさを実感できていたことでした。ぼくには、夷隅の先生方の柔軟な感性が、うれしかったです。ありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/03 20:48
<レッジョ・エミリア>「カルラ・リナルディ女史」の「美育インタビュー粗原稿」が届きました。
○「名古屋」から、10時近く、家につくと、「美育文化」誌の穴澤編集長から、封筒が届いていました。開けると、「カルラ・リナルディ」さんのインタビューの粗原稿でした。 先日、青山の「ワタリウム」で開催されている「驚くべき学びの世界展」(注、7月31日まで開催)へ、創設者のひとりであるリナルディさんとワタリウムの渡多利恵津子さんにインタビューにうかがった際の原稿です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/03 04:53
満員御礼!「名古屋造形研究会」の研究授業&講演会に行ってきました。
○今日は、「名古屋市の造形研究会」の「研究授業」と「講演会」にでかけました。大人の実技研修ではなく、小学校6年生45名を相手に「造形遊び」の授業をおこないました。緊張しました。というのも、はじめて出会う6年生です。気心も知れておらず、実態もわかりません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/02 22:50
山梨県総合教育センターに図工研修会の講師で行ってきました。
○本日は、山梨県に講師で行ってきました。これで、4回目ぐらいになります。山梨の先生は、いつも柔軟な発想と好奇心で、楽しませてくれます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/01 20:05
ギャラリーTOM:「ぼくたちのつくったもの2011」展&「駒形克巳の触察本」展
○岩崎清先生から展覧会のお知らせがきました。岩崎先生は、現在「ギャラリーTOM」の副館長もされています。「ギャラリーTOM」は、ご存知のように、日本ではじめての視覚障害者のための手で触れる美術館です。(http://www.gallerytom.co.jp/) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/31 10:18
第46回教育美術・佐武賞
        「教育美術8月号」での誌上発表 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/30 05:36
前橋市図工研究会に講師に行ってきました!「鑑賞から表現へ」
○40名の先生方が、たいへん熱心に取り組んで、楽しく、積極的に活動に取り組みました。ぼくもたいへん楽しかったです。表現活動は、ある意味、子どもも大人も同じです。無心になって、図工に興じることが基本ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/29 18:28
大会レポート<番外編>本間先生より
◆昨夜、前橋で宿泊していると、本間先生から、メールがありましたが、買ったばかりの「スマートフォン」から、ブログがあっぷできませんでした。(トホホ)よって、今日になりました。(修行しないと!) 大会終了後、なんと本間先生は、若いギャルたちを引き連れて「最後の晩餐」をして帰京したようです。札幌のラーメン横町は店でいっぱいですね。お疲れさまでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/29 16:24
大会レポート、玉置先生から
◆大会もメインの二日目を終了し、玉置先生から、写真と簡単な感想が送られてきました。(左側にたたずむ男性は「穴澤編集長」ではないですか。ご無沙汰しております) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 23:40
大会レポート、本間先生と鈴石先生より
◆そろそろ大会レセプションも終わりのようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 20:13
大会レポート、玉置先生より
◆玉置先生から、分科会の様子が送られてきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 19:31
大会レポート、玉置先生より
○午後の、提言分科会が始まりました。 この分科会の都図研からの提言者は大畑先生です。 助言者は鈴石先生です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 14:01
大会レポート、玉置先生より
○授業分科会。助言者は鈴木陽子先生です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 13:22
大会レポート、玉置先生より
○中学の鑑賞の授業。先生奮闘中。すごく人が集まっていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 13:21
大会レポート、玉置先生より
○「ポップアップ」。さっき、似たような活動見たっけ? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 13:19
大会レポート、玉置先生より
○ムサビの学生による授業。 ムサビの学生が制作した作品を子どもが鑑賞する授業。 うーむ…(^_^;) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 13:18
大会レポート、玉置先生より
○造形遊び?紙を重ねて、上の紙をぐるぐる切って、吊す授業です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 13:16
大会レポート、玉置先生より
○授業がはじまりました。自然木にカラフルな釘を打つ題材です。岡田先生も来ていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 13:13
大会レポート、玉置先生より
◯菅原先生、闘志満々です。辻先生のblogに対抗して、もうアップしています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 13:06
大会レポート、鈴石先生より
○早朝、鈴石先生より、大会レポートのメールがきました。いろいろな添付も一緒に混じっていましたので、きっと二日酔いなのでしょう(笑い)。以下、メールの文章です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 07:51
全国造形教育研究大会 北海道大会(2日目)
○今日は、大会2日目なので、「研究授業」や「分科会」がありますね。ぼくの友人の先生方も「提言者」として登場します。がんばってください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 04:56
「SOY+」のワークショップ報告
○愚息のグループ「SOY+」のワークショップの様子が「あつみけいこ」さんのブログで紹介されています。あつみさんのブログは。毎日、600ぐらいアクセスがあり、22時22分22秒に毎日更新されるそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/26 20:58
大会レポート、玉置先生より
◯玉置先生からもきました。お店の様子がわかりますね。都図研っぽい店ですね。やすくてうまいところをみつけるのが上手です。でも、このままでは終わらない。次もありますね(笑い)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/26 20:32
大会レポート、本間先生より
○本間先生よりメールがきました。以下、本間先生の文です。 「反省会終わりました!めんよう亭美味でした」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/26 20:22
大会レポート、玉置先生と本間先生より
◯いよいよ宴会がはじまったもようです。一日目、お疲れさまでした。 「ジンギスカン」の店だそうです。「すごい勢いで食べている」とのことです。つまり、すごい勢いで飲んでいるということですね(笑い)。 どうも「二日酔い」に何人かは、なりそうですね?誰でしょう?(笑い) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/26 19:35
大会レポート、玉置先生より
◯玉置先生のレポートです。三人の先生に送ってもらうと、同じ場面でも、立体的にみえてよいですね。ありがとうございます。又続けて送ってください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/26 18:00
大会レポート、鈴石先生より
○以下、鈴石先生からのレポートです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/26 17:54
大会レポート、玉置先生より
○本間先生、玉置先生、鈴石先生から、大会レポートを送ってもらうことしにました。これは、玉置先生に送っていただいたものです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/26 17:42
大会レポート、本間先生より
○続いて、鈴石先生の講評です。おだやかに、そして、全小図連への提言もされたようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/26 14:57
大会レポート、本間先生より
○本間先生より大会の様子のレポートです。全小図連の会議で横内先生での講評です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/26 14:51
全国大会北海道大会
永関全造委員長と故・岩崎日美連理事長(全造連HPより) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/26 05:33
「SOY+」ワークショップ(CCAA)
○愚息のグループ「SOY+」のワークショップがCCAAでありました。「豆乳」で描いて「コーヒー」で染めます。昨日までの先生方の研修と違って、こちらは「ゆるゆる」な感じの雰囲気でした。やはり一般人は、どこかちがうのかもしれません(笑い)。ぼくは、なんだか毎日、CCAAに行っています(笑い) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/24 22:24
愛媛(松山)も燃えている!「南育子先生講演会・岡田京子先生講演会」
8月19日の岡田京子文科省教科調査官の講演会のお知らせ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/24 02:35
CCAA「サマーアートキャンプ3日目(最終日)」
○横内先生の「鑑賞」の講座です。「カード」を使った鑑賞で、各自が、絵を選び、みて、自分だけの物語を紡ぎだします。知識注入型の鑑賞ではなく、自由な読み取りの鑑賞です。 「作品」は、「作者」を離れて自立したものとも考えられます。が、しかし、話をよく聞いていると、たんに荒唐無稽でもなく、個々の読み取りの自由さの中に、本質へとつながる回路もあるように感じます。 自由な個々の感受性を尊重しつつ鑑賞することからはじめることが大切です。今日は、さらに、そこから、表現へと展開し、実感を確かな... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/23 20:06
CCAA「サマーアートキャンプ2日目」
○サマーアートキャンプ2日目です。森先生の「刃物とぎ」をはじめ、大御所たちの講座が開かれ、熱気ムンムンの研修となりました。都内ばかりでなく、他県や他の業界の方の参加もあり、広がりをみせています。来年は、他県の皆さんも参加されてはいかがでしょうか。 こうした授業に直結する内容豊富な実技研修会は、あまりおこなわれていないようですから、お薦めです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/23 05:54
CCAA「サマーアートキャンプ第1日目」
○本日は、CCAAで、「サマーアートキャンプ」がありました。皆さんたいへん熱心で、とてもよい作品をつくっていました。こういう研修会に続けて参加されている方は、めきめき指導力をあげていくでしょう。こうした研修会は、とても大切だということをあらためて認識しました。後二日、楽しみましょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/21 20:59
2011サマーアートキャンプ(CCAA)
昨日は台風の影響で、どんよりとしていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/21 05:36
いよいよ夏休み
夏は花。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/20 09:45
第15回図工だいすき子ども美術展(準備会)
<大畑先生デザインのチラシが出来上がりました。いつも真夜中に仕事をしている「真夜中の図工専科」とぼくは呼んでいます> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/18 21:19
「レッジョ・エミリア」インタビュー
○真夏の光と陰です。こんなに陰影が濃いと世界がちがって見えてきてしまいます。自分の身体がそこらに放り出されてしまう感じです。・・・そんな暑さの中、青山のワタリウムに「美育文化」のインタビューで向かいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/18 04:55
訃報。岩崎由紀夫先生ご逝去。
○大阪教育大学の岩崎由紀夫先生が、ご逝去されました。ぼく自身も、ほんとうに急のことで驚いています。岩崎先生は、西日本の図工・美術教育の中心的指導者でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/17 21:55
石井弘先生展覧会にて
○昨日は、八重洲の画廊に石井弘先生の個展を鈴石先生、室先生、堀江先生と参観しました。(何だか毎日にお会いしてます<笑い>。昨日はお世話になりました。)いつも都図研の歴史で話に出てくる、内野先生やぼくの最初の「師匠」にあたる先生です。御歳、79歳になられます。若いお二人の先生がいらしたせいか、石井先生の中学1年の時の話をしはじめました。はじめて聞く話で、印象的な内容でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/17 05:50
ありがとうございました!!!!!
みんなで記念写真 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/16 01:11
「美術手帖」8月号:本間基史先生授業掲載
○「美術手帖」8月号に連載中の「子どもと美術」に、本間基史先生の授業が掲載されました。 これは、保育園と3年生の交流授業です。近年、幼稚園・保育園と小学校の連携が取りざたされていますが、図工という教科は、かなり有効なメディウムとして機能すると思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/15 13:27
囲む会ー世代交代
○本日は、新宿の「ハイアットリージェンシー東京」で、小生の東京都図画工作研究会(略称:都図研)会長引退と退職を祝って、高橋新会長、平田新理事長並びに関係者の皆様のご厚意によって開催されます。お忙しい中、ご迷惑をおかけします。ありがとうございます。また、ご参加される皆様にも、これまでいろいろなご負担をおかけしました。厚く御礼申し上げます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/15 09:18

トップへ | みんなの「Art Education」ブログ

ひつじCafe(子ども・ART・文化) Art Educationのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる